評判のおすすめ
オーバーホール業者3選
ロレックス修理専門店を比較【オーバーホール編】 » ロレックスのオーバーホール専門店一覧 » ウォッチ・ホスピタル

ウォッチ・ホスピタル

このページでは、ロレックスのオーバーホールができる時計修理専門店「ウォッチ・ホスピタル」について紹介します。

高級時計、いい状態でずっと使いつづけたい。そういった多くのニーズに応えて、ウォッチ・ホスピタルではオーバーホールをお安くできるサービスが人気です。ロレックスのほかにもIWCやエルメス、オメガ、カルティエ、タグ・ホイヤーなど、ほぼ全ての高級時計を廉価でオーバーホールできます。

ウォッチ・ホスピタルの特徴

全国エリアでの集荷に送料無料で対応

ウォッチ・ホスピタルでは、店舗での対面依頼と宅配便での修理受付をしています。宅配便の業者が自宅へ取りに行き、オーバーホールや修理が終われば届けてくれます。時計店が近所になくて、店舗に出向くことが難しい場合でも依頼することができます。オーバーホールの場合は、送料無料での申し込みができるのがうれしいポイント。

また、対面と宅配便を組み合わせて依頼することができます。店舗で依頼して、受け取りは配達してもらうのも可能。「対面で信頼できるかどうかを判断したい」という人でも安心して利用できる修理専門店です。

リーズナブルな価格でオーバーホールや修理ができる

ウォッチ・ホスピタルは、メーカーにオーバーホールや修理に出した時よりも、最大で半額の価格で受けることが可能です。その理由は、時計の修理に特化することで運営コストを削減しているから。自社で技術センターを運営することで、リーズナブルな価格を実現しています。

もし、見積もりの段階で正規の代理店に依頼した場合よりも高い料金になってしまう場合は必ず連絡してくれます。納得できない場合には、キャンセルすることも可能。キャンセル料は無料なので良心的なショップだと言えるでしょう。

修理の時に交換するのは正規品のパーツ

ロレックスをはじめとした高級時計ブランドと取引と修理を行なっているため、交換内装パーツは純正品を使用しています。ロレックスは「正規品のみの修理」を受け付けているメーカー。オーバーホール時に純正品のパーツを使用していないと、ロレックス自体がその後のオーバーホールや修理を受け付けてくれなくなってしまいます。その点ではウォッチ・ホスピタルは安心して依頼できる修理店といえるでしょう。

安心の1年間保証書付き&安心の損害保険対応あり

ウォッチ・ホスピタルで修理やオーバーホールをした時計は1年間の有効保証書付き。もし万が一不具合があった場合には、優先での修理を受け付けてくれるようです。さらに、ウォッチ・ホスピタルはセコム損害保険の「動産総合保険」にも加入。

預かった時計が、もしもの盗難や火事にあった場合の対策として、防犯・防火システムを導入しております。依頼する時にも安心して預けることができます。

1万件以上の時計修理の実績と独自のシステム「Webカルテ」

高いレベルの修理技術を持っていると自負しているウォッチ・ホスピタル。年間1万件以上(2021年2月調べ時点)の時計を修理しており、各店舗には時計修理技能士1級を取得したスタッフを配置。大事な時計たちを守るために、web申し込みをしたお客さん限定で預かった時計毎に「webカルテ」を作成できます。ウォッチ・ホスピタル独自のシステムであり、修理を請け負った時の症状と、修理の進捗について詳しい内容をいつでもwebからチェックできます。

ロレックス オーバーホール料金(見積料金例)

  • サブマリーナ…分解掃除:25,300円(税込) 防水テスト:無料
  • エクスプローラー…分解掃除:25,300円(税込) 防水テスト:無料

メーカー正規料金の半額レベルを実現!

ウォッチ・ホスピタルのオーバーホールの口コミ評判


オーバーホール基本料金 23,000円
パッキン交換 2,000円
ゼンマイ交換 5,000円
防水テスト 0円

エクスプローラーⅠ Ref.214270 Cal.3132

山形県から宅配でのオーバーホール依頼。使用年数は6年を超えていますが、最初の3年でオーバーホール実施済み。今回も定期的なオーバーホールなので、パッキンのみの交換で済みました。外装もとても綺麗で防水テストも問題なくクリアしました。

オーバーホール基本料金 23,000円
パッキン交換 2,000円
防水テスト 0円

エクスプローラーⅡ Ref.16570 Cal.3185

広島県から宅配でのオーバーホール依頼。使用年数は10年を超え、1日に5分ほどの遅れが出ている状態とのこと。ゼンマイなどのパーツには問題はなかったので、汚れ、サビなどの洗浄とパッキンの交換のみで正確さを取り戻すことができました。

オーバーホール基本料金 23,000円
パッキン交換 2,000円
防水テスト 0円

デイトジャスト Ref.16234 Cal.3135

鹿児島県からの宅配でのオーバーホール依頼。使用年数は5年だが、日常使いをしていたので若干の外装のくすみがあり、オーバーホールとともにポリッシュの依頼です。値段は18,000円と高額になってしまいますが、プレミアムポリッシュ加工で新品同様の輝きを取り戻しました。

オーバーホール基本料金 23,000円
パッキン交換 2,000円
プレミアムポリッシュ 18,000円
防水テスト 0円

ターノグラフ Ref.116264 Cal.3135

愛媛県からの宅配でのオーバーホール依頼。使用年数は11年を超え、内部の異音とともに、持続時間が短くなる症状がでていたようです。中を見た結果、4番車がダメになっていたので交換をしたことで異音、持続時間ともに解消されたとのこと。

オーバーホール基本料金 23,000円
パッキン交換 2,000円
4番車交換 13,000円
防水テスト 0円

ウォッチ・ホスピタル

神田店(本店)

所在地 東京都千代田区神田須田町2-2-7
営業日 11時〜19時
休業日:木曜・日曜
支払い方法 店頭:現金・クレジット・電子マネー決済・スマホ決済
郵送:銀行振込・代金引換・クレジットカード
アクセス 東京メトロ銀座線「神田(東京都)駅」5出口より徒歩3分
公式サイト https://www.watch-hospital.net/shop/kanda.php

八重洲口店

所在地 東京都中央区京橋1-17-2
営業日 10時半〜19時
休業日:日曜・祝日・木曜※
支払い方法 店頭:現金・クレジット(VISA・Master Card・JCB・DISCOVER・Diners Club・AMERICAN EXPRESS)
郵送:銀行振込・代金引換・クレジットカード
アクセス 都営浅草線「宝町(東京都)駅」A2出口より徒歩4分
公式サイト https://www.watch-hospital.net/case/yaesu.html

※祝日がある週の木曜は営業

ロレックスのオーバーホールができる専門店の一覧はコチラ

ロレックスのオーバーホールの
費用が安い
東京の専門店 BEST3

公式サイトに掲載されている費用目安をもとに、東京でより安いロレックスのオーバーホールが期待できる専門店を、主なモデル別にピックアップして比較しました。また、掲載各社は郵送依頼にも対応しています。※原則、純正部品を使用する店舗をピックアップしています。※税込・税抜については、各社にお問合せください。

  • デイトジャスト
  • デイデイト
  • コスモグラフ
    デイトナ
オーバーホール
費用
専門店名
18,700円~
東京都台東区上野 5-25-1 イトウビル1F
22,000円~
東京都中野区中野2-11-5 吉田ビル2階
25,300円~
東京都墨田区緑4-11-3 デ・リード錦糸町501

※東京にあるロレックスオーバーホール店で検索上位表示されるうち、公式サイトでオーバーホール費用および、純正部品を使用することを明らかにしている会社を厳選。対象モデルは、ロレックスのドレスコレクション、スポーツコレクションから、主なものを選定しました(2021年3月22日時点)。※税込・税抜については、各社にお問合せください。

オーバーホール
費用
専門店名
24,200円~
東京都台東区上野 5-25-1 イトウビル1F
27,500円~
東京都中野区中野2-11-5 吉田ビル2階
27,500円~
東京都墨田区緑4-11-3 デ・リード錦糸町501

※東京にあるロレックスオーバーホール店で検索上位表示されるうち、公式サイトでオーバーホール費用および、純正部品を使用することを明らかにしている会社を厳選。対象モデルは、ロレックスのドレスコレクション、スポーツコレクションから、主なものを選定しました(2021年3月22日時点)。※税込・税抜については、各社にお問合せください。

オーバーホール
費用
専門店名
44,000円~
東京都台東区上野 5-25-1 イトウビル1F
44,000円~
東京都中央区銀座 4-5-1 聖書館ビル3F(銀座店)
49,500円~
東京都台東区上野5-24-1

※東京にあるロレックスオーバーホール店で検索上位表示されるうち、公式サイトでオーバーホール費用および、純正部品を使用することを明らかにしている会社を厳選。対象モデルは、ロレックスのドレスコレクション、スポーツコレクションから、主なものを選定しました(2021年3月22日時点)。※税込・税抜については、各社にお問合せください。