評判のおすすめ
オーバーホール業者3選

※東京にあるロレックスオーバーホール店で検索上位表示されるうち、公式サイトでオーバーホール費用および、純正部品を使用することを明らかにしている会社を厳選。モデルによって費用は変わりますので、詳しくは各店舗にお問合せください。(2021年3月22日時点)※税込・税抜については、各社にお問合せください。

ロレックス修理専門店を比較【オーバーホール編】 » ロレックスの基礎知識 » ロレックスのリセールバリューが高い理由とは

ロレックスのリセールバリューが高い理由とは

公開日: |更新日:

「ロレックス投資」という言葉を聞いたことありませんか?そんな言葉が生まれるほど、ロレックスのリセールバリューは非常に高いのです。このページではロレックスのリセールバリューが高い理由や高いモデルなどを分かりやすく解説していきます。

ロレックスのリセールバリューが高い理由

知名度が抜群に高い

時計に詳しくない方であっても、ロレックスと言えば高級腕時計をイメージするでしょう。日本のみならず、世界中で高い人気を誇っており、高級時計の代表格と言える存在です。そのため中古のロレックスであっても、世界各地で需要が高く、人気の高いモデルであれば常に品薄状態が続き入手が困難な状況になっています。

こんな状況が続くことからも分かるように、長きに渡って世界中のロレックスファンによって支えられており、資産価値が一定以上保たれているのです。それらの熱いファンが離れる心配はほとんどないため、極端に資産価値が下がる心配もないでしょう。

希少性が高い

基本的にロレックスはモデルごとに生産する期間が定められており、生産終了すれば再度同じモデルが生産されることはありません。そのため需要に合った供給量ではないので、欲しいと思う人が数多く現れ、より価値が高まっていくのです。生産が終了したモデルを欲しいと思えば、どんなに高価な取引であっても中古市場で購入する方法しかなく、高い需要がキープし続けるでしょう。

ロレックス以外の一般的な時計であれば、型落ちすれば安値になっていきますが、ロレックスは全く異なります。ロレックスの場合、古いモデルはアンティークとして取り扱われ、より希少性が増し、高値で取引きされることも。

希少性を保つために生産個数を抑えて製造している実情はハッキリ分かっていますが、精確な生産数は公にされていません。曖昧な生産数だからこそ、より魅力的と思う人が多くなるのでしょう。

常に変わらないデザイン性

どんなモデルのロレックスであっても、これまで長らくデザインが大幅に変更されていません。ロレックスファンの声に応えるように、いつまでも変わることがないデザインなので、あらゆる世代に親しまれ続け流行に流されないのです。流行り廃りがないデザインなので、時代に関わらず愛用することができます。その常に変わらないデザイン性があるからこそ、ロレックスの価値を長年保つことができているのでしょう。その結果、製造から何十年経過しているモデルであっても、愛され続けられているのです。

ロレックスのリセールバリューが高いモデルとは?

ロレックスと言っても、どんなモデルでも高値で取引きされているわけではありません。とくにリセールバリューが高いと言われているモデルについて紹介していきます。

参照元:ブラリバ(https://kaitorisatei.info/brandrevalue/rnm/rolex-investment)
参照元:アンティグランデ(https://www.antiegrande-watch.jp/topics/rolex_teika181005/)
参照元:ヒカカク(https://hikakaku.com/blog/【中古良品相場】ロレックスのリセールバリュー・買取換金率一覧/)

デイトナ

様々なモデルがあるロレックスの中でも、デイトナは非常に人気の高いモデルの一つです。日本以上に海外の人気は高く、現行モデルよりも生産が終わったアンティークモデルに人気が集まっています。仲でもポールニューマンと呼ばれる生産終了のモデルは2000万円以上の価格で取引きされた実績もあるほどです。

サブマリーナー

ダイバーズウォッチ仕様になっているモデルです。ロレックスの様々なモデルの中でもトップクラスの人気を誇り、レアモデルも存在しています。とくに赤サブや軍サブと呼ばれるモデルはレアなモデルなので、市場価格は非常に高騰している状態です。

GMTマスター

パイロットウォッチと呼ばれるタイプのロレックス。このGMTにはⅠとⅡがあり、複数の国の時刻を知ることができます。2007年にモデルチェンジを行ったことで、ロレックスの中でも主要なモデルとなっているでしょう。

現行モデルよりも生産終了モデルの価値が高め

ロレックスを投資として購入する場合には、現行モデルよりも生産が終了したモデルが最適です。それは生産が終了したモデルの方が、現行のモデルよりも残存する個体が減ってしまいます。そのため生産が終了したロレックスの価値は高まる傾向にあるでしょう。もちろん現行モデルであっても資産価値がない訳ではありません。もし現行モデルの人気が高まれば、高値が付く可能性も。ただし定価よりも価値が下がるリスクもゼロではないので、しっかりと覚悟をしたうえで購入を検討しましょう。

ここでは生産を終了したモデルを購入する場合のポイントについて紹介していきます。

レアなタイプ

生産を終えたモデルを投資目的で購入するのであれば、できればレアなタイプが最適です。たとえば16610LVを購入するとき、ファット4・ビッグスイス・ライムベゼルなどのレア仕様になっているタイプがあり、これらは生産数も少ないため、希少価値は更に上がっていくと予想されます。

またレアなタイプは為替の影響も受けにくいので、一定の資産価値を保ちやすいでしょう。レアなタイプであれば、その希少性から相場も上がり、高値で取引きされる傾向にあります。

保管状態が良いもの

どんなにレアなモデル・タイプであっても、保管状態がイマイチであれば資産価値は衰えます。とくにアンティークタイプであれば保管状態によっては、資産価値が数百万程度変わることも。時計本体だけでなく、付属品の有無なども重要なポイントになってきます。たとえば保証期間が過ぎた保証書も大切な付属品のひとつなので、紛失しないように保管しておきましょう。ほかにも箱なども査定額に大きく影響を与えるので、きちんと箱も取っておいた方がベストです。

もちろん生産が終了し、より年月が経過していれば保管状態が良い時計を見つけるのは非常に大変でしょう。だからこそアンティークのロレックスの資産価値は高くなっていき、幅広いロレックスファンから愛され続けるのです。

価値を維持するために正しいメンテナンスを

ロレックスの時計は投資目的に収集する人もいるほど、リセールバリューが高いアイテムです。とくにスポーツモデルやステンレスモデルなどは中古市場での人気も高く、将来的にも高い資産価値を維持することができるでしょう。

ロレックスの時計を資産として保有するのであれば、将来を見越して、しっかりと適切なメンテナンスを行うことが大切です。価値を保つためにもロレックスが推奨しているオーバーホールを行うように心がけましょう。正しいメンテナンスを行うことで、不具合も起こりにくくなり、より長らく愛され続ける逸品になります。

ロレックスの純正パーツを使った
安くて信頼できるオーバーホール店を比較

関連ページ

安さと信頼を両立。 ロレックス修理専門店を比較 【オーバーホール編】

ロレックスの基礎知識
ロレックスの電池交換とは
ロレックスのリューズ交換とは
ロレックスの文字盤交換とは
ロレックスのオーバーホールの
費用が安い
東京の専門店 BEST3

公式サイトに掲載されている費用目安をもとに、東京でより安いロレックスのオーバーホールが期待できる専門店を、主なモデル別にピックアップして比較しました。また、掲載各社は郵送依頼にも対応しています。※原則、純正部品を使用する店舗をピックアップしています。※税込・税抜については、各社にお問合せください。

オーバーホール
費用
専門店名
18,700円~
東京都台東区上野 5-25-1 イトウビル1F
19,800円~
東京都中野区中野2-11-5 吉田ビル2階
22,000円~
※公式HPに税表記はありませんでした
東京都墨田区緑4-11-3 デ・リード錦糸町501

※東京にあるロレックスオーバーホール店で検索上位表示されるうち、公式サイトでオーバーホール費用および、純正部品を使用することを明らかにしている会社を厳選。モデルによって費用は変わりますので、詳しくは各店舗にお問合せください。(2021年3月22日時点)※税込・税抜については、各社にお問合せください。