評判のおすすめ
オーバーホール業者3選
ロレックス修理専門店を比較【オーバーホール編】 » ロレックスのオーバーホール専門店一覧 » ハナワ時計店

ハナワ時計店

このページでは、ロレックスのオーバーホールができる時計修理専門店「ハナワ時計店」について紹介します。

ハナワ時計店は地域密着の小さな会社ですが、その点を生かしたきめ細かな対応が評判をよんでいます。特にロレックスのオーバーホールについては、「とてもきれいになった」「予想以上の出来栄えに感激した」など、数多くの利用者から満足の声が数多く届いています。また、ロレックス愛好家の「修理代が高い」といった悩みを解決してくれる、リーズナブルな料金も好評です。

ハナワ時計店の特徴

  • 部品交換代以外の追加料金は無し

ハナワ時計店は利用者からの要望がなければ、機能性に問題のある部品以外の交換を行っていません。それにより修理費用を最低限に抑えています。機能性以外の風防の傷や、針のさびなどは要望があれば交換を行っています。

交換なしの場合はオーバーホールの基本料金のみとロレックス正規店でオーバーホールを行う場合と比べて費用を安く抑えることが可能。パーツを交換する際は作業内容にかかわらず、金額は部品代のみです。ただし、時計内部に水が浸入したことによるパーツのさびが多い場合などは、メーカーのほうが安くなる場合もあるとか。見積もりは無料なので一度調べてもらうのも良いかもしれません。

  • 交換部品は、すべてROLEX純正部品を使用

交換に使用する部品は全てロレックスの純正品を使用しています。そのため後に日本ロレックスへ修理に出しても、社外部品使用として受付拒否される事はないので安心です。
ロレックス正規店ではすでにサービスが終了している古い時計も取り扱っており、現品を確認して修理可能か判断してくれます。
公式サイトの料金表では交換パーツ1個あたりの費用を掲載しているので、ある程度の試算が可能です。

  • シンプルな料金体系

ロレックスのオーバーホールに必要な金額は外装磨き込みで22,000円(税込)からとリーズナブルな価格設定です。電池交換は1,100円(税込)、裏蓋のパッキン交換は550円(税込)と交換するパーツごとに費用がシンプルに決められています。
見積もりで概算した費用以外に追加で料金がかかる場合、随時メールで修理を続行するか確認してくれます。

  • 通常のオーバーホールは約2週間と短納期で対応

ハナワ時計店の通常時オーバーホール納期は約2週間。ロレックス正規店のオーバーホール納期と比べても短いので、本格的な修理以外の定期的なメンテナンスなどでオーバーホールする際は、ハナワ時計店を利用したほうが安く費用を抑えられます。

ロレックス オーバーホール料金(一例)

モデル 料金
デイトジャストなど3針式 22,000円(税込)
デイデイトなど3針式K18無垢 27,500円(税込)
デイトナ・ケース材質SS、コンビ 33,000円(税込)
デイトナ・ケース材質K18無垢 38,500円(税込)

ロレックスオーバーホールはメーカー修理に準じた外装新品仕上げ(ポリッシュ)込みの料金です。

ロレックスの純正パーツを使った
安くて信頼できるオーバーホール店を比較

ハナワ時計店のオーバーホールについての口コミ評判

サンダーバード16263をオーバーホールしてもらった方(郵送)

ハナワ時計店にオーバーホールをしてもらうのは今回で2回目です。デイトが0時に切り替わるように調整してくれたのですが、今回も前回と一緒で大満足しています。夏に使うことを想定している時計のため、シーズンが来るまでしばらくはお休み。ただ保管するのではなく、カメラを収納している防湿庫に入れたくなる程の仕上がりです。

エアキング14000をオーバーホールしてもらった方(郵送)

預けていたエアキングが到着しました。時計を確認すると、きれいに仕上がっていたのでびっくりです。キズやへこみが入っていたのですが、そちらも修理されていて気にならない程になっていました。持っているロレックスもいずれオーバーホールしてもらおうと思います。

デイトジャスト1601をオーバーホールしてもらった方(郵送)

黄ばんでいたロレックスのオーバーホールをお願いしたのですが、シルバーに輝いていた時計だったのかと本来の美しさに胸が弾みました。大切に使っていきます。ありがとうございました。

ロレックス1602をオーバーホールしてもらった方

50年以上使っているロレックス1602のオーバーホールをハナワ時計店に依頼。きれいになって手元に戻ってきた時計のお礼を言わせてください。全体的に良い仕上がりだったのですが、得に文字盤のサビていた部分を磨いてくれたことに感動しました。まさに職人技ですね。細やかな作業と技術の高さに驚きました。

レディースデイトジャストをオーバーホールしてもらった方

オーバーホールをお願いしていた時計を受け取りました。日差がほとんどなくなり、正しい時間を刻んでいます。修理してくださり、ありがとうございました。主人が持っているデイトジャストのオーバーホールもハナワ時計店にお任せしたいと考えています。

ハナワ時計店

  • 住所:茨城県東茨城郡茨城町小鶴10-5
  • TEL:029-292-0215
  • FAX:029-303-8048
  • 営業時間:午前9時開店~午後7時閉店
  • 不定休
ロレックスのオーバーホールの
費用が安い
東京の専門店 BEST3

公式サイトに掲載されている費用目安をもとに、東京でより安いロレックスのオーバーホールが期待できる専門店を、主なモデル別にピックアップして比較しました。※原則、純正部品を使用する店舗をピックアップしています。※税込・税抜については、各社にお問合せください。

  • デイトジャスト
  • デイデイト
  • コスモグラフ
    デイトナ
オーバーホール
費用
専門店名
18,700円~
東京都台東区上野 5-25-1 イトウビル1F
22,000円~
東京都中野区中野2-11-5 吉田ビル2階
25,300円~
東京都墨田区緑4-11-3 デ・リード錦糸町501

※東京にあるロレックスオーバーホール店で検索上位表示されるうち、公式サイトでオーバーホール費用および、純正部品を使用することを明らかにしている会社を厳選。対象モデルは、ロレックスのドレスコレクション、スポーツコレクションから、主なものを選定しました(2021年3月22日時点)。※税込・税抜については、各社にお問合せください。

オーバーホール
費用
専門店名
24,200円~
東京都台東区上野 5-25-1 イトウビル1F
27,500円~
東京都中野区中野2-11-5 吉田ビル2階
27,500円~
東京都墨田区緑4-11-3 デ・リード錦糸町501

※東京にあるロレックスオーバーホール店で検索上位表示されるうち、公式サイトでオーバーホール費用および、純正部品を使用することを明らかにしている会社を厳選。対象モデルは、ロレックスのドレスコレクション、スポーツコレクションから、主なものを選定しました(2021年3月22日時点)。※税込・税抜については、各社にお問合せください。

オーバーホール
費用
専門店名
44,000円~
東京都台東区上野 5-25-1 イトウビル1F
44,000円~
東京都中央区銀座 4-5-1 聖書館ビル3F(銀座店)
49,500円~
東京都台東区上野5-24-1

※東京にあるロレックスオーバーホール店で検索上位表示されるうち、公式サイトでオーバーホール費用および、純正部品を使用することを明らかにしている会社を厳選。対象モデルは、ロレックスのドレスコレクション、スポーツコレクションから、主なものを選定しました(2021年3月22日時点)。※税込・税抜については、各社にお問合せください。