評判のおすすめ
オーバーホール業者3選
ロレックス修理専門店を比較【オーバーホール編】 » ロレックスをオーバーホールに出す前に確認すべきこと » ロレックスオーバーホール期間

ロレックスオーバーホール期間

ロレックスのオーバーホールには、どれくらいの時間がかかるのでしょうか。正規の窓口である日本ロレックスに依頼した場合と、ロレックスのオーバーホールを手がける時計修理専門店に依頼した場合の違いを比較しながら説明していきます。

ぜひ、業者を選ぶ際の参考にしてください。

目次

オーバーホールにはどれくらいかかる?

機械式時計は、オーバーホールに出してから戻ってくるまで約1ヶ月はかかります。ロレックスは、一部のモデルを除いて基本的にどれも機械式です。

ぜんまいを使った複雑な機構なので、分解して部品をすべて洗浄・確認・修理することを考えると、1日2日でオーバーホールをするのは不可能といってよいでしょう。

長く使われていなかったり、内部の部品が劣化していたりする場合は、パーツの交換も必要です。ロレックスは部品もオリジナルでつくっているため、その分時間がかかります。

正規窓口と時計修理専門店の期間の違い

じつは、正規窓口である日本ロレックスに頼んでも、町中にある時計修理専門店に頼んでも、オーバーホールにかかる期間はさほど違いがありません

作業そのものの手間は同じだからです。ただ、民間業者の場合、簡単な修理で済むようなオーバーホールであれば、世紀窓口よりも短納期でロレックスが戻ってくることもあります。

逆に、部品の取り寄せが難しい場合、通常より時間がかかることもあるので、時計の状態による部分が大きいです。

オーバーホール後の保証期間

日本ロレックスでオーバーホールを行うと、2年の正規保証がついてきます。時計修理専門店の場合、保証期間は1年から2年と店舗次第です。ただ、費用の安さでは時計修理専門店が圧倒しています。

オーバーホールは定期的に長く行うことが大切なので、コスパのよい時計修理専門店のほうがおすすめ度は高いです。

ロレックスのオーバーホールの
費用が安い
東京の専門店 BEST3

公式サイトに掲載されている費用目安をもとに、東京でより安いロレックスのオーバーホールが期待できる専門店を、主なモデル別にピックアップして比較しました。※原則、純正部品を使用する店舗をピックアップしています。※税込・税抜については、各社にお問合せください。

  • デイトジャスト
  • デイデイト
  • コスモグラフ
    デイトナ
オーバーホール
費用
専門店名
18,700円~
東京都台東区上野 5-25-1 イトウビル1F
22,000円~
東京都中野区中野2-11-5 吉田ビル2階
25,300円~
東京都墨田区緑4-11-3 デ・リード錦糸町501

※東京にあるロレックスオーバーホール店で検索上位表示されるうち、公式サイトでオーバーホール費用および、純正部品を使用することを明らかにしている会社を厳選。対象モデルは、ロレックスのドレスコレクション、スポーツコレクションから、主なものを選定しました(2021年3月22日時点)。※税込・税抜については、各社にお問合せください。

オーバーホール
費用
専門店名
24,200円~
東京都台東区上野 5-25-1 イトウビル1F
27,500円~
東京都中野区中野2-11-5 吉田ビル2階
27,500円~
東京都墨田区緑4-11-3 デ・リード錦糸町501

※東京にあるロレックスオーバーホール店で検索上位表示されるうち、公式サイトでオーバーホール費用および、純正部品を使用することを明らかにしている会社を厳選。対象モデルは、ロレックスのドレスコレクション、スポーツコレクションから、主なものを選定しました(2021年3月22日時点)。※税込・税抜については、各社にお問合せください。

オーバーホール
費用
専門店名
44,000円~
東京都台東区上野 5-25-1 イトウビル1F
44,000円~
東京都中央区銀座 4-5-1 聖書館ビル3F(銀座店)
49,500円~
東京都台東区上野5-24-1

※東京にあるロレックスオーバーホール店で検索上位表示されるうち、公式サイトでオーバーホール費用および、純正部品を使用することを明らかにしている会社を厳選。対象モデルは、ロレックスのドレスコレクション、スポーツコレクションから、主なものを選定しました(2021年3月22日時点)。※税込・税抜については、各社にお問合せください。