徹底比較!ロレックスのオーバーホール専門店

ロレックスの修理に長けているオーバーホール専門店を紹介します。

ロレックス修理専門店を比較【オーバーホール編】

ロレックスを永く愛用するためのオーバーホール業者ガイド

HOME >  症状で分かる!ロレックス故障の原因 >  壊れる前に知りたい取扱注意事項

壊れる前に知りたい取扱注意事項

他の時計よりも比較的頑丈なロレックスですが、過度な負担は様々な悪影響を及ぼします。故障する前に使用上の注意点を確認しましょう。

正しい使い方で故障を防ぐ

ロレックスは他の機械式時計に比べて頑丈にできています。とはいっても、いつもより強い力が加われば簡単に故障してしまうので注意が必要です。

以下にロレックスを使用する上で気を付けるべき点を5つほど紹介します。

落下による衝撃や激しい振動を与えない

落下による衝撃は時計にとっては致命的です。ガラスやケースに傷が入ってしまうのはもちろんのこと、ムーブメントに大きな力が加わると、歯車の噛み合わせが悪くなったり、部品が損傷することもあります。

また、激しい振動によって、テンプの運動が一時的に不規則なることがあります。これが長く続くと時間の狂いが発生し精度を乱す原因となります。

磁気に近づけない

携帯電話やパソコンなど磁気を発する電気製品が、近くにあるだけで、時間が乱れてしまうことがあります。ムーブメントが磁気を帯びるとテンプの運動に悪影響を及ぼし、時間の進みや遅れ、悪化すると停止することも。もっとも気を付けたいものとしては磁石です。

時計に近づけることは言語道断。金属の塊でできている時計は、強力な磁気によって機能の役割を果たさなくなりますので、最も注意が必要です。

1ヵ月以上使わない

大事なイベント事のときしか機械式時計を使わないという方にありがちな故障原因です。ロレックスのような機械式時計は、使わない期間が長いとムーブメント内の油が固まってしまい、時間の進みや遅れを発生させます。

もし、普段使わなくても、1ヵ月に1回はゼンマイを巻いて24時間以上動かしてあげましょう。油の凝固を防いでくれ、たまに使う程度なら時間の狂いが発生にくくなります。

温度・湿度に注意する

極端な温度変化によって、テンプやヒゲゼンマイの金属部分が伸び・縮みを繰り返します。精度を司っている部分ですので、精度が乱れる原因になります。また、湿度は錆やパッキンの劣化を著しく進行させるため禁物です。

スポーツ時に着用しない

ロレックスはそもそもスポーツ競技用を目的として作られていません。スポーツ時は上下左右の不規則な動きに加え、ラケットやバットから伝わる振動は時計にとって悪影響です。

激しい衝撃はムーブメントの損傷や針が飛ぶなどの危険があるため、スポーツをするときは、時計を外すよう心がけましょう。

評判のオーバーホール業者ランキング