ロレックス修理専門店を比較【オーバーホール編】 » 東京にあるロレックスのオーバーホール専門店をピックアップ » 東京渋谷でロレックスのオーバーホールができる専門店を紹介

東京渋谷でロレックスのオーバーホールができる専門店を紹介

目次

年間6000本以上の高級腕時計修理実績を持つHOUSEKIHIROBA

HOUSEKIHIROBAは圧倒的な修理実績を持つ時計修理店です。年間6000本以上の時計修理を行っており、イレギュラーなケースでも柔軟に対応してもらえます。他の専門店ではオーバーホールできないような故障やブランドでもHOUSEKIHIROBAでは対応可能なこともあるため、まずは気軽に相談してみましょう。
住所 東京都渋谷区宇田川町28-3 A2ビル 4F
営業時間 11:00~19:30(年中無休)
オーバーホール料金 自動巻き 3針~ + GMT:27,000円~ 自動巻き 3針~ + デイデイト:34,000円~ デイトナ:46,000円~ ヴィンテージモデル+3針:30,000円~ ヴィンテージモデル+デイデイト:37,000円~ バブルバック:82,000円~ 手巻きデイトナ:82,000円~
保証内容 1年間保証付き
実績・技術力 スイスの時計メーカーが結集して設立した、時計技術者の養成校であるWOSTEP。HOUSEKIHIROBAにはWOSTEPで3000時間の研修を受け、筆記試験・実技試験ともにクリアし「WOSTEP認定書」を取得したスタッフが在籍。WOSTEP認定書は現在時計技術者が持つ資格の中では最高峰で、難しい修理も安心して任せられる。
その他特徴 渋谷で25年以上時計修理に携わってきたHOUSEKIHIROBA。時計の販売も行っており、常に4000点以上の商品を扱っているため、時計好きな人におすすめできる専門店。宝石や地金の買取、ユーズド品の販売も行っています。

全国に54か所、気軽に立ち寄れる時計修理工房なんぼや

時計修理工房なんぼやは全国に54か所。駅から近い商業施設の中にあるため何かのついでに気軽に立ち寄れるのが特徴です。インターネットで修理受付をする修理店が多い中、大事なロレックスを手渡しで確実に預けられるのが魅力。渋谷エリアでロレックスの修理を考えている方は、ショッピングや修理のついでになんぼやに気軽に相談してみましょう。
住所 東京都渋谷区渋谷2-22-13 マイアミビル 3F
営業時間 11:00~21:00(年中無休)
オーバーホール料金 クォーツ(2針・3針モデル):20,000円~ クォーツ(クロノグラフ):30,000円~ 自動巻き・手巻き(2針・3針モデル):28,000円~ 自動巻き・手巻き(クロノグラフ):38,000円~ 特殊モデル:要問い合わせ
保証内容 1年間保証付き
実績・技術力 年間1万本以上の修理実績を持つなんぼや。スイスの時計技術者養成校WOSTEPの認定を受けた、WOSTEP認定時計技師や時計修理技能士1級の資格を持った経験豊富な技師が多数在籍している。数千円~数千万円の時計まで幅広く対応しており、どのような時計でも気軽に修理を任せられるのが魅力。
その他特徴 最新の設備を導入し、非常に多くの時計修理を効率よく行っている。技師が本当に必要な部分だけに時間を割くことができ、質の高いサービスを低コストで行うことが可能。カスタマーサービスがあるため、修理についていつでも気軽に相談できる。

独自のネットワークを持つ日本時計修理センター

機械式時計やクォーツだけでなく、懐中時計や置時計、掛け時計の修理も行っています。独自のネットワークでさまざまなパーツを入手できるほか、複雑なパーツは自主作成できるため、修理対応できる幅が広いのが特徴です。全国に店舗があり、質の高いサービスを提供できるよう日々技術向上に取り組んでいます。
住所 東京都渋谷区渋谷4-3-6 青山Kハイツ302
営業時間 10:00-20:00(定休: 土・日・祝日)
オーバーホール料金 3針モデル:25,000円~ クロノグラフ:38,000円~
保証内容 1年間保証付き
実績・技術力 1級時計技能士在籍。さらに国内時計メーカーの修理部門で長年の経験を積んだスタッフを厳選している。スタッフごとに得意分野に特化しており、時計ブランドごとにスペシャリストが対応してくれるのが魅力。
その他特徴 大事なロレックスが取り扱い上の不注意により破損または盗難などに遭った場合は、損害分を賠償してくれる。どんなに丁寧に扱っていても、火災や地震など自然災害は避けられないため、お客さんに安心して修理を任せてもらえるようにこのような保証を設けているそう。