徹底比較!ロレックスのオーバーホール専門店

ロレックスの修理に長けているオーバーホール専門店を紹介します。

ロレックス修理専門店を比較【オーバーホール編】

ロレックスを永く愛用するためのオーバーホール業者ガイド

リパラトーレ

このページでは、ロレックスのオーバーホールができる時計修理専門店「リパラトーレ」について紹介します。

リパラトーレは自社の修理工房を備えているので、中間マージンがかかりません。そのため、リーズナブルな料金でロレックスのオーバーホールができます。

また、リパラトーレはロレックス・オメガ・タグ・ホイヤーといったブランドの輸入卸売業も兼ねているため、国内では入手困難なパーツを仕入れることが可能です。それでは、まずオーバーホール料金について紹介します。

ロレックス オーバーホール料金(一例)

コレクション オーバーホール料金(基本料)
デイトナ 39,500円~
エクスプローラーⅠ 25,000円~
エクスプローラーⅡ 27,000円~
GMTマスターⅡ 31,000円~
ミルガウス 25,000円~
サブマリーナ 27,000円~
ヨットマスター 27,000円~
エアキング 25,000円~
デイトジャスト 25,000円~
O.P 25,000円~
O.P.D.J 27,000円~
手巻き等アンティーク 25,000円~

※ロレックスは動いている状態でのオーバーホールだと価格が安く、自動巻きで19,500円~となっています。

リパラトーレの特徴

中間マージンを削減

リバラトーレの魅力は、中間マージンを削減していることです。通常デパートでオーバーホールを出すと、「時計業者」「修理サービスセンター」「修理工房」を経由するため、30~50%の手数がかかります。しかし、リバラトーレは修理工房を持っているので、中間マージがカット。その分、リーズナブルな価格でオーバーホールができます。

部品交換の削減

一流の時計技師が内部の状態を精査して、交換が必要なパーツをチェック。この作業によって交換パーツが絞られるので、無駄なパーツ交換をすることなく低料金でオーバーホールをすることが可能です。

1年間の保証が付いている

リバラトーレは納期を長くすることで、確実・丁寧・ハイクオリティの三拍子が揃ったオーバーホールを提供しています。すべてのオーバーホールに作業に1年間の長い動作保証が付いているので安心です。

無料見積宅配パックを実施

見積料や往復送料、キャンセル料がすべて無料の「無料見積宅配パック」を実施しているリパラトーレ。自宅にいながら簡単にロレックスのオーバーホールをすることができます。

買取をしてもらうことも可能

見積をしてもらった結果、予算より高い場合は買取してもらうことができます。日本の中古時計は海外での評価が高いため、高額で買取をしてもらえるそうです。

入手困難のパーツを手に入れられる

リパラトーレは、時計の卸商社として15年以上の実績があります。海外から商品を直接輸入しているので、ロレックスのオーバーホールが必要だけど国内では手に入りづらいパーツを幅広く仕入れることが可能です。

利益率をギリギリまで下げている

ロレックスのオーバーホールは、利益率をギリギリまで下げて行なっています。通常はパーツ代の卸値に対して販売価格を加算しますが、リパラトーレはほぼ卸値で提供。まれに赤字になるときもあるそうです。

ジェネリックパーツを使用

リパラトーレでは、時計によっては純正品と同様の性能を持つジェネリックパーツを使用しています。そのため、入手困難なパーツの交換が必要となった場合でも対応が可能です。ジェネリックパーツは独自のテストを繰り返し、リパラトーレの基準をクリアしたものだけを使用。純正品と同じように利用することができます。

リパラトーレの基本情報

東京窓口

名古屋市交通局名城線矢場町駅から徒歩4分

所在地 東京都台東区台東2-30-11 ジャイロビル301
営業日 10時~19時
定休日:土曜・日曜・祝日

大阪窓口

所在地 大阪府大阪市西区靭本町2-4-7 イーストエンドビル9F
営業日 10時~19時
定休日:土曜・日曜・祝日

他にもロレックスのオーバーホールができる専門店を見る

評判のおすすめオーバーホール業者3選