徹底比較!ロレックスのオーバーホール専門店

ロレックスの修理に長けているオーバーホール専門店を紹介します。

ロレックス修理専門店を比較【オーバーホール編】

ロレックスを永く愛用するためのオーバーホール業者ガイド

クラフトシップ

このページでは、ロレックスのオーバーホールができる時計修理専門店「クラフトシップ」について紹介します。

時計修理は繊細な力加減が必要であり、「ネジを締める力の入れ方ひとつ」で、腕時計の中の機械に歪みが出てしまい、結果として精度・耐久性に差が出てしまいます。そのため、クラフトシップでは腕時計修理の熟練テクニックを持ったキャリア30年にもおよぶ職人さんが対応してくれます。

また、時計修理の専用マシーンを使用して組み立てており、その結果、部品を痛めることなく、時計の精度や寿命を向上させています。クラフトシップは、このようなモットーに打ち出された職人気質の時計修理専門店です。

クラフトシップの特徴

無料の梱包キット
郵送などで依頼する際には、「梱包キット」を無料で手配してくれます。

キャンセル後の返送費は無料
時計を送って正式な見積金額を算出した後、予算的に難しいなどでキャンセルしても、時計返送費用が無料。

無料キズ取り研磨
オーバーホールの際、無料でキズ取り研磨もしてくれる。

オーバーホール申込みが複数箇所で可能
直接ロレックスを持ち込みできる受付センターが新橋と下北沢にあり。また、横浜、千葉など3か所のラボがある。

修理後の保証が付いている
時計修理サービスについて不具合があった場合6ヶ月間は無償保障修理してくれる。

ロレックス オーバーホール料金(一例)

  • 3針:26,000円~
  • クロノグラフ:35,000円~

※ムーブメント種類によって変動するので、要確認。

クラフトシップ

東京新橋ラボセンター

  • 東京都港区新橋4-31-3 新橋オーシャンビル4階
  • 月~土曜日:10時~19時
  • 定休日:日曜日・祝日

東京・下北沢受付センター

  • 東京都世田谷区北沢2-10-12 金子ビル 3F(おたからや内)
  • 月~土曜日:10時~19時
  • 定休日:日曜日・祝日

評判のオーバーホール業者ランキング