徹底比較!ロレックスのオーバーホール専門店

ロレックスの修理に長けているオーバーホール専門店を紹介します。

ロレックス修理専門店を比較【オーバーホール編】

ロレックスを永く愛用するためのオーバーホール業者ガイド

HOME >  モデル別・ロレックスのオーバーホール事例 >  デイトナのオーバーホール事例

デイトナのオーバーホール事例

ロレックスの数あるモデルのなかでも、圧倒的な人気を誇るデイトナ。ここでは、そんなデイトナのオーバーホールにかんする情報を紹介していきます。

ロレックスにおけるデイトナの位置づけをはじめ、デイトナでよくある故障例、オーバーホール・修理費用の一例、とくに人気の高いモデルの特徴などについてまとめています。

デイトナの故障例と対処法

まずは、デイトナでよく見られる故障・症状とその原因、対処法などについてご紹介します。所有するデイトナが同じ故障、もしくは類似する症状の方は、参考してください。

【症状】針が回せない

  • 原因
    小鉄車のゆるみ
  • 対処法
    かしめ直しで対応

針回しができない症状の場合、油切れが主な原因です。油切れによって針回しが重くなり、その結果、小鉄車やツヅミ車の歯が欠落して、かしめが緩んでしまいます。部品交換が必要なケースもありますが、悪化していなければかしめ直しで対処できます。基本的には油を補充してあげることで解決できる症状ですので、定期的なオーバーホールを実施していれば、まず回避できるでしょう。

【症状】ローターの連れ回り

  • 原因
    切換車の油渇き
  • 対処法
    オーバーホール、ヒゲゼンマイの交換

ローターの連れ回りを引き起こしてしまうのは、切換車が油渇きを起こすと正しく機能しなくなることが主な原因。オーバーホールで油渇きを解消してあげることで、ローターの連れ回りもなくなります。このケースでは強い衝撃によってヒゲゼンマイがダメージを負っていたため、そちらの交換もしています。衝撃によってヒゲゼンマイの中心がズレれてしまうと、時計の精度に大きな狂いが生じるため、デイトナにダメージを与えた覚えがあればオーバーホールでチェックしてください。

デイトナ【型番:116519】のオーバーホール事例

  • 故障内容
    ガラスの破損、および時計・クロノグラフが動かない
  • 原因と対処
    ガラスが割れ、その破片が機械内部と文字盤にまで入り込んでいる状態。一度、分解、洗浄し、ガラスの破片を取り除きます。そのうえでロレックス純正品のガラスを交換して組み立てて対応。
  • 参考費用
    オーバーホール49,680円+サファイアガラス交換56,160円→105,840円

デイトナ【型番:116519】の詳細情報

基本的なスペックは、オーソドックスなデイトナとほぼ変わらないデイトナ【型番:116519】。もっとも大きな違いは、ブレスにあります。

ムーブメント 自動巻きクロノメーター
機能 デイトジャスト機構(日付の早送り機能付き)、秒針停止機能による正確な時刻設定、大型インデックス、ハック機能
パワーリザーブ 72時間
ケース 40mm(径)×12.5mm(厚)
素材 ホワイトゴールド、レザー(ブレス)

デイトナ【型番:116519】はブレスがレザー製。高級感をしっかりと醸し出しながらも落ち着いたブラックのレザーは、どのようなシーンで身につけても存在感を主張しすぎることなく、違和感がありません。そのため、ビジネスやプライベート、フォーマルなど、時と場所を選ばずに着用できると人気のモデルとなっています。

前モデルであるデイトナ【型番:16519】からの変更点でいうと、ムーブメントがCal.4030からCal.4130になったほか、パワーリザーブを54時間から72時間に強化。ハック機能も搭載され、力強いモデルへと進化しています。

また、デザイン面でもインダイヤルが中心から7度上に移動、秒針が6時の位置に、12時間積算計が9時の位置に移動したほか、インデックスも大型化して夜光面積が広がったなどの変更がありました。さらに、6時位置にはクラウンの透かしが入り、よりラグジュアリー感もアップ。レザーブレスとともに、使えば使うほど腕になじむ人気モデルです。

ロレックスのオーバーホールができる専門店の一覧はコチラ

デイトナとは【ロレックスの基礎知識】

2017年現在、17種類の現行モデルがラインナップされているデイトナ。過去に製造されていた18モデルを含めると、これまでに35モデルが世に送り出されてきました。なかでも、いまから40~50年前に製造されたモデルは市場価格も右肩上がりで、人気が衰えることを知りません。そんなヴィンテージモデルとして人気の高い生産終了モデルもあわせ、その型番を一覧にまとめてみましたので参照してみてください。

デイトナの型番

【正規代理店の商品ページより、型番を抜粋】
現行モデル 生産終了モデル
Ref.116500LN、Ref.116503、Ref.116503G、Ref.116503NG、Ref.116508、Ref.116598SACO、Ref.116509、Ref.116505、Ref.116505A、Ref.116506、Ref.116506B、Ref.116515LN、Ref.116515LNA Ref.116520、Ref.116523、Ref.116528、Ref.116518、Ref.116519、Ref.16520、Ref.16523、Ref.16528、Ref.16518、Ref.16519、Ref.6265、Ref.6264、Ref.6263、Ref.6262、Ref.6241、Ref.6240、Ref.6239、Ref.6238 (CHRONOGRAPH)

例)デイトナ【型番:16520】の詳細情報

2000年にミレニアムデビューをはたしたデイトナのなかでも、型番:16520について簡単に解説していきましょう。

ムーブメント 自動巻きクロノメーター
機能 デイトジャスト機構(日付の早送り機能付き)、秒針停止機能による正確な時刻設定、大型インデックス
パワーリザーブ 72時間
ケース 40mm(径)×12.5mm(厚)
素材 ステンレススチール

デイトナは、ロレックスでもフラッグシップ・モデルともいえるモデル。そんなデイトナ最大の特徴としてまず挙げられるのが、完全マニュファクチュール化を果たしている点。完全マニュファクチュール化はロレックスの悲願でもあり、完全自社製クロノグラフ・ムーブメントを搭載することで実現させることに成功しました。

搭載しているムーブメントは、Cal.4130。このムーブメントは伝達効率がきわめて高いのが強みで、パワーリザーブも72時間という長時間です。加えて、ヒゲゼンマイもパラクロム製で、高精度、高衝撃性を誇り、耐久性・耐磁性にもすぐれています。

また、機構だけでなく、ブレスレットの強化も図られており、それまでは中央のリングパーツは中空だったのを、ソリッドパーツに変更。堅牢性を高めるとともに、微調整が簡単にできるイージーリングをバックルに搭載するなど、身につけやすさも考慮されました。

デザイン面はRef.16520を基本的に踏襲しながら、インデックスを大型化したりインダイヤルのレイアウトを変更したりするなど、よりディティールを磨き上げた仕上がりに。シンプルながらもスタイリッシュなデザインで2000年の登場以来、2016年までの16年もの間、人気を集めてきました。

デイトナの評価が高いのは、こうしたユーザーへ向けた機能・デザインの強化だけではありません。設計に細かくこだわっているのも、デイトナならでは。設計を合理的に見直したことで、メンテナンス性が飛躍的に向上しました。そのため、精密でありながらもメンテナンスしやすく、技術者側からも高い評価を得ているのです。

製造期間が1950年代末期から1960年代初頭のRef.6238では、搭載ムーブメントはCal.72B。製造期間が1963年から1970年ごろだったRef.6239/6241では、同じくCal.72B、Cal.722、Cal.722-1が。1970年から1971年にかけて製造されていたRef.6262/6264では、同じくCal.727が。手巻きデイトナの最終型であるRef.6263/626では前機種Ref.6262/6264に搭載されていたCal.7275が採用されるなど、製造時期によってムーブメントに個性があるのもデイトナの特徴であり、魅力です。

なお、自動巻きムーブメント搭載の代表モデルを見てみると、製造期間1988年~2000年のRef.16520ではCal.4030を搭載。製造期間2000年~2016年のRef.116520はCal.4130、製造期間が2016年~現在のRef.116500LNはCal.4130が搭載されています。

他のロレックスのオーバーホール事例はコチラ

評判のおすすめオーバーホール業者3選