徹底比較!ロレックスのオーバーホール専門店

ロレックスの修理に長けているオーバーホール専門店を紹介します。

ロレックス修理専門店を比較【オーバーホール編】

ロレックスを永く愛用するためのオーバーホール業者ガイド

HOME >  モデル別・ロレックスのオーバーホール事例 >  エアキングのオーバーホール事例

エアキングのオーバーホール事例

ロレックスにおいて、もっとも手軽にオーナーになれると人気のエアキング。ここでは、そんなエアキングのオーバーホールにかんする情報をまとめてみました。

エアキングのロレックスにおける位置づけのほか、よくある故障・症状とオーバーホール・修理の料金面なども調べ、あわせて紹介していきます。

エアキングの故障例と対処法

エアキングで多く見られる故障例と原因、その対処法についてピックアップ。同じような症状が出た場合の参考にしてください。

【症状】1日3分の遅れが出る

  • 原因
    ムーブメント油切れ、パッキンの劣化
  • 対処法
    オーバーホール、部品交換

ムーブメント油切れとパッキンの劣化により、遅れが出るようになっていました。オーバーホールと部品交換などで30,000円~40,000円ほどかかりますが、新品同様になって返ってくるので割高感はないでしょう。

【症状】時計が動かなくなって壊れた

  • 原因
    落下の衝撃による部品の物理的破損
  • 対処法
    オーバーホール、ムーブメント油交換、部品交換

強い衝撃によってゼンマイとローターの回転軸が損耗。ローター芯、ゼンマイに加え、パッキン交換で対応し、費用は45,000円ほど。修理店によっては50,000円を超える場合も。

まったく動作しなくなった

  • 原因
    部品の損耗・劣化
  • 対処法
    オーバーホール、部品交換

10年間オーバーホールしていないことによる部品の損耗と劣化が原因で、時計が動かなくなったケースです。ゼンマイが摩耗して切れていたため、歯車にも異常が。ゼンマイ、歯車、パッキン交換で対処。古いモデルでオールドムーブメントを使用したこともあり、費用は若干高めで65,000円かかりました。型が古い場合は部品が特注となることもあるため、さらに費用が増すこともあります。

エアキング【型番:14000M】のオーバーホール事例

  • 依頼内容
    作動不良による修理とオーバーホール
  • 調整内容
    分解、洗浄、調整、注油、部品交換、組み立て、点検
  • パーツ交換・その他
    ゼンマイ交換、裏蓋パッキン交換、研磨仕上げ
  • 参考費用
    オーバーホール23,000円+パッキン(リューズ、裏蓋)交換代1,500円+4番車交換9,000円+(消費2,680円)→36,180円

エアキング【型番:14000M】の詳細情報

ムーブメント 3130自動巻きムーブメント
機能 100m防水
パワーリザーブ 48時間
ケース 34mm(径)×10mm(厚)
素材 ステンレススチール、サファイアクリスタル(風防)

904Lのスチールの40mmケース、オイスタークラスプ付きブレスレットが象徴的なエアキングRe.14000M。1950年代のモデルを踏襲しながら、現代のスタイルにあわせてスタイリッシュに機能とデザインをまとめたロレックス有数の人気モデルです。とくにブラックとブルー369ダイヤルのモデルは、ニーズが高いことで知られています。

ケースが34mm×10mmと小ぶりで、重量も約100gと軽量であるため、女性のユーザーが多いこともエアキングRe.14000Mの特徴でしょう。

Re.14000Mは2001年にデビュー。一見、前モデルのRef.14000から目立つようなリニューアルはなかったように見えますが、システム的には格段にレベルアップしています。

たとえば、ムーブメント。Ref.14000では1つのブリッジでテンプを支えるCal.3000だったものが、Re.14000Mでは2つのブリッジで支えるCal.3130になったことにより、メンテナンスのしやすさと安定性が高まりました。巻き上げ機構も前モデルと同じノンクロノメーターですが、マイナーチェンジにより巻き上げ効率は向上しています。

また、機構・機能性以外にも、ケースもブラッシュアップの痕跡が。Ref.14000ではエンドピースにバネ棒を通す穴が見えていたのですが、それを見えない仕様に変更。風防にも偽造防止用にロレックスを象徴する王冠の透かしを施すなど、シンプルなデザインを生かすように、より高級感があって上質な仕上がりへと変化しています。

ロレックスのオーバーホールができる専門店の一覧はコチラ

エアキングとは【ロレックスの基礎知識】

数あるロレックスのモデルのなかで、もっとも古いペットネームの歴史をもっているのがエアキング(Air-King)です。ロレックスとしては安価な部類で、比較的手に入れやすいことからユーザー・愛好者の多いモデルでもあります。

そのデザインはいたってシンプル。日付表示機能であるデイト機構もなく、高級時計にありがちなゴテゴテ感やギラギラ感とは無縁です。小ぶりで男女問わず着用しやすいこと、ムダな機能がなく操作性も高いことなどから、ロレックスの入門モデルとして需要が高いのもエアキングの特徴でしょう。

ベゼルバリエーションがドーム型とエンジンターンドがあるほか、ダイヤルバリエーションも2007年のモデルチェンジ以降豊富になり、ユーザーの個性にあわせたモデルを選びやすくなったこともエアキングの人気に拍車をかけました。さらに、当時のモデルからは18Kホワイトゴールド仕様のフルーテッドなども加わり、魅力的なラインナップとなっています。

また、エアキングといえばノンクロノメーターが代名詞でもありましたが、当時の現行モデルからはクロノメーターを取得。それでいながらモデルチェンジ前から価格に大きな変更はなく、リーズナブルにクロノメーターモデルのロレックスを手に入れられると評判に。

2014年には一度、全ダイヤルから「Air-King」の表記が消され、その長い歴史に幕を下ろしました。しかし、2016年にはデザインや機能などをあらたにし、再び「Air-King」のペットネームが復活を果たしています。

エアキングの型番

エアキングの生産終了モデルは9種で、現行モデルはRef.116900の1種のみです。その歴史を紐解くと、誕生は1940年代。その後、1950年代には超ロングセラーモデルとなる、Ref.5500が世に送り出されました。

このRef.5500には派生モデルがあり、Ref.5502、Ref.5504、Ref.5506、Ref.5520といったモデルはレアアイテムとして、いまでもロレックス愛好家のなかでは根強い人気を誇っています。また、デイト機構のないことで知られるエアキングにおいて、日付機能つきの「Air-King-Date」というモデルが存在したのもこのころです。そのほかにも、表記が「Air-King」ではなく「EXPLORER」のモデルが出るなど、1950年代はレアアイテムの宝庫のような時代と言えます。

2016年にリリースされた最新モデルのRef.116900では、最小だったモデルからケース径が若干大きくなったり、ムーブメントにCal.3131を搭載するなどしています。エアキングの伝統を踏襲しつつも、時代にあわせた新しい要素も取り入れた、「新エアキング」といえるかもしれません。

これらの代表モデルをふくめ、エアキングの型番を一覧でまとめておきますので、興味のある方はご参照ください。

【正規代理店の商品ページより、型番を抜粋】
現行モデル 生産終了モデル
Ref.116900 Ref.114200、Ref.114210、Ref.114234、Ref.114234G、Ref.14010M、Ref.14000M、Ref.14010、Ref.14000、Ref.5500

他のロレックスのオーバーホール事例はコチラ

評判のおすすめオーバーホール業者3選