ロレックス修理専門店を比較【オーバーホール編】 » 腕時計のオーバーホール基本情報 » 形見分けでもらったロレックスのオーバーホール

形見分けでもらったロレックスのオーバーホール

ロレックスは、適切なお手入れやオーバーホールをしていれば、一生ものの時計として使えます。だからこそ、遺品整理でロレックスを譲り受けた場合も「古いものだから」と放置することなく、時計としてきちんと使える状態に戻すことがおすすめです。ここでは、遺産整理でアンティークロレックスが見つかった事例を紹介した上で、お手入れやオーバーホールの重要性を伝え、さらにアンティークロレックスの金銭的な価値などについての情報もお届けします。

遺品整理でアンティークロレックスを発見した事例

遺品整理でアンティークロレックスが見つかったという事例を3つご紹介します。

  • 実家で遺品整理をしていたら、父が昔使っていたロレックスが見つかりました。そのロレックスをもらったものの、古すぎて全く動作せず、使えません。 仕方ないので時計屋さんに見てもらったところ、使える状態にするためにはオーバーホールと修理の両方が必要なことがわかりました。
  • 自分の育ての親でもあった祖父の形見としてもらったのが、1967年製と思われるロレックスのオイスターパーペチュアル デイトでした。リューズの折れやガラスの割れなどがあるかなりひどい状態でしたが、少しでも当時祖父が使っていた時と同じような状態にしてほしいと要望を伝え、修理・オーバーホールを依頼しました。十数万円かかりましたが、今も動いているので満足です。
  • ロレックスのお手入れ・オーバーホールの必要性

    ロレックスは「一生ものの時計」の代表格ともいえますが、一度買えばあとは特に何をしなくても一生使える、というわけではありません。

    ロレックスならではの輝きを保つためには、定期的に柔らかい布で拭いたり、時には石けん水と柔らかいブラシを使って洗うなどのお手入れが大切です。ご自身で洗浄する際には、必ずリューズをしっかりとねじ込み、防水性能を保てる状態にしてから洗いましょう。

    また、内部部品の経年劣化に対応するには、オーバーホールによるメンテナンスをしてもらうことも重要です。オーバーホールの時期はロレックスの使用頻度や状態・状況にもよりますが、おおむね3~5年程度となります。

    年代物は超貴重?アンティークロレックスの価値の高さ

    何十年も前の年代物であるアンティークロレックスは、「経年による変化」や「今の時代のロレックスにはない仕様」「手作業が多いことによる個体差、個性」などの数多くの味わい深いポイントがあり、現存数も限られているのできわめて貴重です。

    そうそう手に入らない希少なものだからこそ人気も高く、状態の良いアンティークロレックスなら、プレミアがついて驚くほど高額な買取をしてもらえるケースも少なくありません。

    たとえばサブマリーナーのRef.5512やRef.5513の中には100万円以上で買い取ってもらえるものもありますし、さらにデイトナのRef.6265なら、良品の買取相場は数百万円クラスになります。

    遺品のロレックスを受け継ぐならオーバーホールをしよう

    遺品整理の際に見つかる古いロレックスは、その多くが経年劣化による何らかの不具合を起こしており、そのまま使おうとしても動かなかったり、時計の針が逆回転して使えなかったりします。

    遺品のロレックスを形見として受け継ぐのなら、きちんと時計として快適に使えるようにするため、オーバーホールを依頼することをおすすめします。