徹底比較!ロレックスのオーバーホール専門店

ロレックスの修理に長けているオーバーホール専門店を紹介します。

ロレックス修理専門店を比較【オーバーホール編】

ロレックスを永く愛用するためのオーバーホール業者ガイド

HOME >  腕時計のオーバーホール基本情報 >  オーバーホールの時期

オーバーホールの時期

ここでは、ロレックスの適切なオーバーホール時期を解説しています。

私を含め、自分の愛用しているロレックスは、今後も永く使っていきたいという方がほとんどだと思います。

10年、20年と使い続けたいと考えている方には是非知っておいてほしい、正しいオーバーホールのタイミングをご紹介します。

最適なオーバーホールの時期

一度目のオーバーホールのタイミングは、最初の3年目ぐらいが理想的です。なぜなら、新品のムーブメント内部には、まだ部品製造時の微小なバリなどが残っているため、最初の数年が一番、磨耗による金属粉などが出やすく、潤滑油の劣化も早いからです。

その後、オーバーホールが必要になる時期ですが、日本ロレックスの技術者の方に問い合わせると、ほぼ間違いなく「3~4年ぐらいでオーバーホールをおすすめしています」と教えてくれます。永く愛用していきたいのであれば、このくらいのスパンでオーバーホールに出したほうが賢明です。遅くとも5~6年以内に一度オーバーホールに出すことをおすすめします。

しかし、ご自身の時計になんらかの異常が見られた場合は、この限りではありません。不具合が見られた時点で、すぐにオーバーホールに出したほうがいいでしょう。

ロレックスオーナーの中には、10年以上オーバーホールしないで使っているという人や、動かなくなってからオーバーホールに出せばいいという人もいます。しかし、定期的なオーバーホールをおろそかにすると、部品交換しても手に負えないほど劣化が進行してしまうなど、とりかえしのつかない事態に陥る可能性があります。リスクを避けたいのであれば、やはり適切な時期にオーバーホールを行う必要があるでしょう。

オーバーホールはなぜ必要?

ロレックスのような高級腕時計でも、潤滑油や部品の劣化が必ずおこります。潤滑油が劣化すると、部品同士の磨耗がすすみ、機能の低下につながります。また、パッキンなどのゴム部品は、定期的に交換しないと、本来の防水性能が保てません。このため、定期的なオーバーホールが必要になってくるのです。

定期的なオーバーホールは、深刻な故障を未然に防ぐ役割もあります。素人目には分からないような症状も、プロの目でチェックしてもらうことで、発見できることがあります。特に、内部に発生したサビなどをほうっておくと、修理では対応できないほど、腐食が進んでしまうこともあるので、要注意です。

お持ちのロレックスを数十年にわたって愛用していきたいと考えているのであれば、オーバーホールは必須の作業なのです。

評判のオーバーホール業者ランキング