徹底比較!ロレックスのオーバーホール専門店

ロレックスの修理に長けているオーバーホール専門店を紹介します。

ロレックス修理専門店を比較【オーバーホール編】

ロレックスを永く愛用するためのオーバーホール業者ガイド

HOME >  腕時計のオーバーホール基本情報 >  オーバーホールの時期

オーバーホールの時期

ここでは、ロレックスの適切なオーバーホール時期を解説しています。

私を含め、自分の愛用しているロレックスは、今後も永く使っていきたいという方がほとんどだと思います。

10年、20年と使い続けたいと考えている方には是非知っておいてほしい、正しいオーバーホールのタイミングをご紹介します。

最適なオーバーホールの時期

ロレックスが故障してしまう原因は、気が付かない間に内部の劣化が進んでしまうことによって起きます。オーバーホールはプロが時計の内部を分解し洗浄、組立やパーツ交換、注油を行うことです。定期的に行なうことで、長くロレックスを使い続けられます。
では、いつオーバーホールをするのが最適なのでしょうか。ここでは「最適なオーバーホールの時期」についてまとめていきます。

日本ロレックス社が推奨している時期は3~4年

オーバーホールが必要になる時期ですが、日本ロレックスに問い合わせると「購入してから3~4年ぐらいでオーバーホールをおすすめしています」と回答されるでしょう。長く愛用していきたいのであれば、オーバーホールは3~4年が基準だといえます。
しかし、時計になんらかの異常が見られた場合は、この限りではありません。不具合が見られた時点で、すぐにオーバーホールに出したほうがいいでしょう。

使用頻度や使い方次第でオーバーホールに最適な年数は異なる

時計専門修理店やロレックスオーナーによって、オーバーホールの時期は違います。時計専門修理店によっては3~5年。ロレックスオーナーのなかでは、5年が一般的です。理由は、ロレックスの種類や使用頻度が違う点などさまざま。「週に5回は身に着けている」などかなりの頻度で使用している場合には、オーバーホールの間隔は短くなります。
しかし、使用頻度が低い場合にはロレックスの優れた耐久性から、10年以上も問題なく使用することができるそうです。ですが、長期間メンテナンスをしていないロレックスは、オイル切れや部品同士の摩擦によるダメージが多少なりともあると考えた方が良いでしょう。ある日突然止まってしまうことや部品の取り換えが必要になる可能性もあります。

定期的なオーバーホールで得られるメリット

ロレックスオーナーの「10年以上オーバーホールしないで使っている」、「動かなくなってからオーバーホールに出せばいい」という人もいます。
しかし、メンテナンスをしていないロレックスはオーバーホールではなく、修理となってしまうことも。もしも、メーカー修理が必要となってしまった場合には10万円を超える高い修理代がかかってしまいます。そのため、定期的にオーバーホールを受けることによって、修理代よりも安く、長くロレックスを愛用し続けることができます。さらに、オーバーホールはケースについた小傷も研磨されて戻ってきます。いつまでもロレックスを美しく保ちたい人におすすめです。

年数による時計内部の劣化とオーバーホール時期

年数ごとにどのように時計が劣化していってしまうのかをまとめてみました。時計の劣化は使用頻度やオートマチック、手巻きといった時計の種類によっても変わります。自身のロレックスの適切なオーバーホールの見極め時期の参考にしてください。

3~4年 ロレックスが推奨している年数
オーバーホールのタイミングは、最初の3年目ぐらいが理想的。ロレックス社が1回目のオーバーホールを推奨している時期でもあります。なぜなら、新品のムーブメント内部には、まだ部品製造時の微小なバリなどが残っているためです。最初の数年が一番、磨耗による金属粉などが出やすく、潤滑油の劣化も早くなります。潤滑油が乾燥し、足りなくなることにより部品の摩耗が早まる原因にもなるので、この時期にオーバーホールをすることが、最適だと言えるでよう。

5年 ゴムパッキンの劣化によって防水性が低下していく時期
ロレックスは優れた防水性がある時計として知られていますが、その役割を果たしているのはゴムパッキンです。ゴムパッキンは、5年ほどでどんどん劣化していくとされています。気が付かない内に、防水性が低下していくのでそれを防ぐという意味では最もオーバーホールに適した時期といえるでしょう。オイル切れよりも、時計内部に水が入り込むことで深刻なダメージを与えてしまいます。この時期のオーバーホールは行なうことで、部品の負担を軽くすることができ、ほとんどの時計修理専門店がオーバーホールをおすすめしている時期です。

7~10年 ロレックスオーナーの平均的な依頼年数
時計修理専門店のひとつであるカナルクラブへ依頼に訪れるロレックスオーナーの方のほとんどが7~10年でオーバーホールをしているそう。しかし、週5回という頻度で使っているという人は、ある程度内部にダメージがあることは予想しておいた方が良いでしょう。ロレックスの状態によってはオーバーホールではなく、部品の交換といった修理になってしまう可能性もあります。
定期メンテナンスという点では、決して早すぎることはなく遅すぎるぐらい。しかし、使用頻度が低い場合は、ほとんどダメージがないこともあります。自分自身の使用頻度で、オーバーホールの時期を検討してみましょう。

10年~ オーバーホールよりも修理になる可能性が高い
ほとんどのメーカー時計は止まってしまっていることが多い年数のため、ロレックスの内部は何らかのダメージや劣化がはじまっていると考えた方が良いでしょう。場合によっては、ロレックスのケースにまで腐食や劣化が進んでしまっていることも。そうなってしまった場合は、オーバーホールではなく、メーカー修理、部品交換になってしまいます。
修理は10万円以上の見積もりが多く、状態によっては修理をしても、全体的な回復ができないことも。そのため、10年以上のオーバーホールをしていないロレックスは資産価値が下がってしまうことも予想されるので注意が必要です。

オーバーホールはなぜ必要?

ロレックスのような高級腕時計でも、潤滑油や部品の劣化が必ずおこります。潤滑油が劣化すると、部品同士の磨耗がすすみ、機能の低下につながります。また、パッキンなどのゴム部品は、定期的に交換しないと、本来の防水性能が保てません。このため、定期的なオーバーホールが必要になってくるのです。

定期的なオーバーホールは、深刻な故障を未然に防ぐ役割もあります。素人目には分からないような症状も、プロの目でチェックしてもらうことで、発見できることがあります。特に、内部に発生したサビなどをほうっておくと、修理では対応できないほど、腐食が進んでしまうこともあるので、要注意です。

お持ちのロレックスを数十年にわたって愛用していきたいと考えているのであれば、オーバーホールは必須の作業なのです。

評判のオーバーホール業者ランキング