徹底比較!ロレックスのオーバーホール専門店

ロレックスの修理に長けているオーバーホール専門店を紹介します。

ロレックス修理専門店を比較【オーバーホール編】

ロレックスを永く愛用するためのオーバーホール業者ガイド

HOME >  腕時計のオーバーホール基本情報 >  オーバーホールとは?

オーバーホールとは?

腕時計のオーバーホールとはそもそも何か?修理と何が違うのか?そんな疑問を一から解決していきます。

オーバーホールは時計の定期検診

オーバーホールとは時計を分解し、点検・掃除といったメンテナンスを行うことです。腕時計は、一見正常に動いているように見えても、部品をスムーズに動かす潤滑油の汚れや部品の接触による摩耗で、本来の機能を果たせなくなっている可能性があります。

特に機械式時計は、古い油が不具合の原因になることがありますので、必要不可欠な作業と言えます。放っておくと故障や時間の狂いが発生し、時計自体の寿命を縮めかねません。

常にベストコンディションを保ち続けられるようにするためには、どんなに調子が良くても、3~4年に一回はオーバーホールを行うのが理想的でしょう。

オーバーホールと修理は何が違うの?

よく混同されがちな「オーバーホール」と「修理」ですが、似て非なるものです。

オーバーホール…不具合がないかどうか点検をすること。

修理…不具合の原因となったパーツを修復・交換すること。

オーバーホールは分解・洗浄・再組み立てを行うため、1つの時計を組み立てるより大変な作業です。壊れた部品だけ交換する修理と比べて、値段も高くなり、作業工程もかなり手間がかかります。

たいていの場合は、オーバーホールの最中に、初めて故障が見つかります。オーバーホールに出した際は、修理も必要になる可能性もあることを覚えておきましょう。場合によっては、別途料金が発生します。

こんな症状が出たら要注意

時計のオーバーホールは3~4年に一度行うのが一般的ですが、時計は繊細な機械であり、いくら頑丈なケースに守られているとは言え、落下の衝撃や水には弱いものです。以下のような症状が出た場合はすでに何らかの不具合が生じているため、すぐにでもオーバーホールに出すことをおすすめします。

    • 時間の遅れや進みが頻繁に起こる
    • 時計を振るとカタカタ(異音)が鳴る
    • 竜頭を回しても手ごたえが軽い
    • 時計の内側が曇っている
    • 電池交換したばかりなのに動かない
    • 短針と長針が12時を指したとき、針がずれている

大切な腕時計を長く使い続けるために、オーバーホールを検討してみてはいかがですか?

評判のオーバーホール業者ランキング