徹底比較!ロレックスのオーバーホール専門店

ロレックスの修理に長けているオーバーホール専門店を紹介します。

ロレックス修理専門店を比較【オーバーホール編】

ロレックスを永く愛用するためのオーバーホール業者ガイド

HOME >  腕時計のオーバーホール基本情報 >  オーバーホールとは?

オーバーホールとは?

腕時計のオーバーホールとはそもそも何か?修理と何が違うのか?そんな疑問を一から解決していきます。

オーバーホールは時計の定期検診

オーバーホールとは、時計を分解し「点検・掃除」などのメンテナンスを行うことです。腕時計は、一見正常に動いているように見えても、部品をスムーズに動かす潤滑油の汚れや部品の接触による摩耗で、本来の機能を果たせなくなっている可能性があります。

特に機械式時計は、古い油が不具合の原因になることがありますので、必要不可欠な作業と言えます。放っておくと故障や時間の狂いが発生し、時計自体の寿命を縮めかねません。

常にベストコンディションを保ち続けられるようにするためには、どんなに調子が良くても、3~4年に一回はオーバーホールを行うのが理想的でしょう。

オーバーホールと修理は何が違うの?

「オーバーホール」と「修理」はよく混同されがちなのですが、性質がまったく異なるものです。主に以下のような違いがあります。

オーバーホール・・・時計内部を調べて不具合がないかを点検し、内部の洗浄やオイルの注油を行います。

修理・・・不具合・故障の原因となるパーツのみを修復・交換を行います。

オーバーホールは分解から組立までを行うため、手間がかかる作業。壊れた部品だけを交換する修理と比べて、費用が高くなります。また内部チェック中に故障が見つかることがあるため、別途料金が発生することも。

オーバーホールは必要?

オーバーホールは人間で例えるところの健康診断です。時計を長く愛用するためには、必要不可欠になってきます。オーバーホールをするメリットとしないデメリットを紹介しているので、参考にしてみてください。

オーバーホールをするメリット

  • 時計内部の消耗パーツを交換することで未然に大きな故障を防げる
  • 内部の洗浄とオイル注油により、ムーブメントを新品に近い状態に戻せる
  • 汚れの除去や研磨により外観を新品同様に仕上げられる

オーバーホールをしないデメリット

  • 時間の進み・遅れが激しくなる
  • すぐに針が止ってしまう
  • ゴムパッキンの劣化により気密性が保てず、サビやカビが発生する
  • 潤滑油が劣化して部品同士の摩擦が強くなり、部品の劣化スピード増す
  • 資産価値が下がってしまい、買取査定時の金額が低下する

オーバーホールをせずに使い続けると確実にロレックスの寿命を短くしてしまいます。定期的にオーバーホールをするようにしましょう。

オーバーホールの料金相場いくら?

修理とは異なり高額な料金が発生してしまうオーバーホール。料金相場がいくらなのかをリサーチすると、正規店に依頼するのか、並行輸入店に依頼するかによって大きく変わることが分かりました。並行輸入店では自社に修理工房での対応や、一般の修理業者と契約を交わすことで料金を安く抑えています。

ロレックスのオーバーホール

ロレックスのエクスプローラーⅠの場合、正規店では基本料金46,440円が相場。並行輸入店だと22,680円が相場となっています。

パテックフィリップのオーバーホール

パテックフィリップのカラトラバ(手巻き)の場合、正規店では基本料金85,320円が相場。並行輸入店だと54,000円が相場となっています。

オメガのオーバーホール

スピードマスタープロフェッショナルの場合、正規店では基本料金62,370円が相場。並行輸入店だと41,040円が相場となっています。

正規店に依頼せずとも並行輸入店でのオーバーホールは可能です。料金やサービス内容を比較・検討したうえで自分に合ったところに依頼をしましょう。別ページではロレックスのオーバーホール料金について細かくまとめています。

こんな症状が出たら要注意

時計のオーバーホールは3~4年に一度行うのが一般的ですが、時計は繊細な機械であり、いくら頑丈なケースに守られているとは言え、落下の衝撃や水には弱いものです。以下のような症状が出た場合はすでに何らかの不具合が生じているため、すぐにでもオーバーホールに出すことをおすすめします。

    • 時間の遅れや進みが頻繁に起こる
    • 時計を振るとカタカタ(異音)が鳴る
    • 竜頭を回しても手ごたえが軽い
    • 時計の内側が曇っている
    • 電池交換したばかりなのに動かない
    • 短針と長針が12時を指したとき、針がずれている

大切な腕時計を長く使い続けるために、オーバーホールを検討してみてはいかがですか?

外せないオーバーホールの基本情報を確認 >

評判のオーバーホール業者ランキング