ロレックス修理専門店を比較【オーバーホール編】 » 腕時計のオーバーホール基本情報 » ロレックスのベルト交換の方法とは

ロレックスのベルト交換の方法とは

「ロレックスのベルト交換は難しい」と思っていませんか?実は専用の道具1つあれば、ほとんどの時計のベルト交換は可能です。こちらではベルト交換に必要な道具や交換方法、注意点などを紹介しています。

ロレックスのベルトは自分で交換できる

ロレックスは自分でベルト交換ができます。高価な時計ではあるものの、メーカーや修理店に依頼しなくても大丈夫。道具さえあれば簡単に交換できるのです。メーカーや修理店への交換依頼は時間や手間がかかってしまうもの。時間がかかるとなると、交換が必要でも「時間がない」「足が進まない」という理由であきらめてしまう方もいるでしょう。

そもそも、ベルト交換は修理が必要なときだけに行うものではありません。その日の服装や気分に合わせて変えることもできるのです。修理だけでなく、オシャレのためにもベルト交換の方法を覚えましょう。

ベルト交換に必要な道具は1つだけ

ベルト交換に使う道具の名前は「バネ棒外し」といいます。時計のケースとベルトを外すための道具です。バネ棒外しの両端にドライバーのようなものがついており、胴の部分にはバネが入っています。

バネ棒外しは時計修理に必要な専門道具の1つ。これ1本だけでほぼすべての時計のベルト交換ができる優れものです。バネ棒外しはホームセンターやネットで購入可能。使うにはちょっとしたコツがいりますが、使い慣れれば短時間でベルト交換ができるようになります。

ケースのタイプ別交換方法

時計にはケース側面に穴があるタイプとないタイプがあります。それぞれで交換方法が変わるので、まずは自分の時計がどのタイプなのかを確認しましょう。

ここでは、タイプ別に交換方法を紹介します。

ケース側面に穴があるタイプ

外すとき

  1. ベルトの付け根を持ち上げた状態でバネ棒外しを穴に入れ、片方を外す
  2. 片方が外れたのを確認したら、外れた状態をキープして反対側の穴にバネ棒外しを入れ、反対側を外す

ベルトの付け根は親指と人差し指で持つようにすると、片方外した状態をキープしやすくなります。

つけるとき

  1. ケースの裏にベルトをあてる
  2. 片方のバネ棒を押し込む
  3. 片方が入ったら親指で押さえながら、もう一方を穴にはめ込む

再度ベルトをはめる際にバネ棒外しが使いにくい場合は、指の爪でバネ棒を押し込んでみてください。

ケース側面に穴がないタイプ

外すとき

  1. ケース裏面のベルトの付け根部分を確認し、バネ棒外しを引っかける穴を探す
  2. 穴を見つけたらバネ棒外しを引っかけ、テコの原理を応用して外す
  3. 片方を外したらその状態をキープしたまま反対側も外す

穴がないタイプは、ケースとベルトをつなぐ「フラッシュフィット」が使用されていることがほとんどです。

つけるとき

ケース側面に穴があるタイプとほぼ同じです。こちらではケースとベルトをつなぐフラッシュフィットを使った方法を紹介します。

  1. ケースの裏にベルトを当て、フラッシュフィットを付けた状態のバネ棒を押し込みます。
  2. バネ棒を押し込んだフラッシュフィットとケースを合わせて指で固定し、「カチッ」と小さな音がするまで待つ
  3. 反対側も同じようにバネ棒を押し込んで装着する

一見難しそうに見えるベルト交換ですが、バネ棒外しがあれば簡単に交換できます。しかし、交換時にケースにキズをつけてしまう可能性があるので、ケースにテープを貼るなどのキズ対策を取りましょう。

ベルト交換は覚えておくべき

ベルト交換は修理店やメーカーに依頼しなくてもできますが、そのためには専用の工具「バネ棒外し」が欠かせません。これ1本でロレックスのベルト交換ができます。注意したいのが、交換の際のキズ。慣れないうちはケースやベルトにキズをつけてしまう恐れがあるので、テープでガードしましょう。

ベルト交換は壊れたときだけでなく、ファッションや気分で変えたいときにも使えます。時計1本でもいろいろなバリエーションが楽しめるので、ぜひベルト交換を覚えてください。

ロレックスのメンテナンスやオーバーホールを依頼するなら >