徹底比較!ロレックスのオーバーホール専門店

ロレックスの修理に長けているオーバーホール専門店を紹介します。

ロレックス修理専門店を比較【オーバーホール編】

ロレックスを永く愛用するためのオーバーホール業者ガイド

HOME >  日本ロレックスと修理専門店のオーバーホールの評判 >  日本ロレックスでオーバーホールをした人の体験談、評判

日本ロレックスでオーバーホールをした人の体験談、評判

技術力に定評のある日本ロレックスでのオーバーホールは何かと安心ですが、仕上がりや費用はどうなのでしょう?実際に依頼した方の体験談から探ってみましょう。

安心安全の日本ロレックスにオーバーホールを依頼してみた

12年越しにオーバーホールを依頼した結果…

私のシードゥエラーは12年前に新品で購入して以来、一度もオーバーホールに出していませんでした。時計全体に刻み込まれた擦り傷や打痕はもちろんですが、ムーブメントから異音が聞こえはじめ、いよいよガタがきたか…と。なかなか気に入っていますし、これからもずっと使っていくつもりなので、安心の日本ロレックスにオーバーホールを依頼することに決めました。

見積もりを出してもらったところ、基本料金で4万5千円、その他部品交換の金額も足すと総額7万円程かかるとのことでした。想定の範囲内ではありましたが、やはり高額であることには間違いないですね。

待つこと2週間、意外と早く出来上がりの連絡が入りました。現物を手に取ると完璧に修理されたシードゥエラーは美しく蘇り、まるでケースを丸ごと変えたかのような輝きがあります。どうやら、基本料金に外装仕上げ代が含まれていたようですね。抜け目ない仕事ぶりに感謝しつつ、これからは定期的に出そうと思いました。

まさかのオーバーホールに12万円!!

私が愛用していたデイトナがついに悲鳴を上げ始めたので、どこに修理に出そうか迷っていましたが、結局有名な日本ロレックスに出すことにしました。周りの人からは「当然5万円くらいはかかるよ」との声もありましたが、依頼することにしてみました。

いざ、請求書を見てみると、目に飛び込んできたのはとんでもない数字でギョッとしました。合計金額12万2千円…。オーバーホール代6万円をはじめ、その他もろもろの部品交換でさらに6万円以上かかってしまうようです。

こんなにも高いものかと半信半疑でしたが、長年オーバーホールをしなかったつけが回ってきたのだと思い、渋々出すことを決意。特にプッシャー交換の2つで3万6千円がだいぶ足を引っ張っていたようで、日ごろからのメンテナンスをしていれば、部品の寿命も長くなったのにと後悔です。

とにもかくにも、キレイに仕上がってきましたので大満足です。これからは大事に使っていこうと決めました。

まとめ
やはり日本ロレックスの安心感と技術力は一級品の価値があります。基本のオーバーホール代には外装仕上げが含まれているのは、依頼主にとって喜ばしいことです。しかし、なんといっても費用が高いことが唯一の弱みでしょう。1回のオーバーホールで10万円以上を支払うのは容易ではありません。

一般の修理専門店でしたら、半分または半分以下の費用でオーバーホールが済むところもあります。安心感と技術力に倍のお金を支払える価値があるかどうか、よく見極める必要があるでしょう。

修理専門店にオーバーホールを依頼した体験談はこちら>>

評判のオーバーホール業者ランキング