徹底比較!ロレックスのオーバーホール専門店

ロレックスの修理に長けているオーバーホール専門店を紹介します。

ロレックス修理専門店を比較【オーバーホール編】

ロレックスを永く愛用するためのオーバーホール業者ガイド

HOME >  ロレックスをオーバーホールに出す前に確認すべきこと >  外装仕上げでロレックス購入時の輝き

外装仕上げでロレックス購入時の輝き

時計の傷やくすみが気になり出したら外装仕上げを依頼してみましょう。新品同様に様変わりすること間違いなしです。

購入時の輝きを取り戻すために

時計は長年の使用による擦れや衝撃など、様々な要因で傷がついてしまいます。時計は金属でできていますので、一度付いた傷は拭いたり擦ったりしても消えることはありません。

直す方法としては外装仕上げ(外装研磨)で細かい傷を削り、平らにするのが一番きれいになる近道です。しかし、落下などによる深いヘコみやパーツが欠けたものは、元の状態に戻すことが困難であるため、部品交換を余儀なくされます。

あくまで、日常生活で付いてしまった浅い傷のみ適用されるようです。また、ベゼルなどに焼き付けされている数字や文字の塗装が剥がれることがありますが、これは外装塗装によって購入時の状態に復元できます。

費用は外装仕上げをする箇所や金属の材質にもよりますが、15,000円~25,000円ほどです。オーバーホールや修理をするよりは比較的安く済みますので、傷や塗装の剥離が気になる方は一度試してみる価値があります。

  外装仕上げ(ステンレス) 外装仕上げ(無垢)
ブレス 11,000円~15,000円 12,000円~17,000円
ケース 13,000円~16,000円 14,000円~18,000円
全体 15,000円~20,000円 18,000円~23,000円

外装仕上げはブレスやケースを別々で依頼するより、時計全体の外装仕上げをした方が割安です。そして、ステンレスと無垢とで費用に差が出ている理由は、金属の種類です。無垢ものは、金属の材質が柔らかいため傷がたくさん付きますから、研磨する方も一苦労でしょう。

オーバーホールと一緒出した方が得をする?

オーバーホールを終えてムーブメントの調子が良くなっても、外観が傷だらけだと少し残念な気がしませんか?時計を身につける際、目に付くのは外観ですので、メンテナンスをするなら外装仕上げを一緒に依頼することをおすすめします。

オーバーホールとセットで依頼することにより、費用の割引特典が受けられることもありますし、メンテナンス作業の時間短縮にもつながり一石二鳥です。

外装仕上げを依頼する際は、なるべくロレックスの取り扱いが多い専門店に依頼しましょう。経験豊富な技術者の外装仕上げにより、満足いく結果が得られるはずです。

内側も外側もきれいになって返却された際は、見違えるほど印象が変わりますので、より一層愛着を持って長く使用できるのではないでしょうか?

評判のオーバーホール業者ランキング