ロレックス修理専門店を比較【オーバーホール編】 » 症状で分かる!ロレックス故障の原因 » ロレックスのカレンダーが故障した

ロレックスのカレンダーが故障した

時間と一緒に日付が確認でき、何かと便利なロレックスのカレンダー機能。カレンダーがずれていると、不便なだけでなくなんだか気持ちが悪いという方も多いのではないでしょうか。時刻だけでなく、カレンダーも正常なままロレックスを長持ちさせたいですよね。ここではロレックスのカレンダーが壊れてしまう原因とカレンダーを扱う際の注意点などをまとめました。

カレンダーが動かなくなる症状とは?

ロレックスの種類によっては、時刻と一緒に日付を知ることができるカレンダー機能がついているものがあります。そのタイプの場合、時刻は正常に刻んでいても、カレンダーだけが動かなくなってしまうというケースも。シンプルな機能でありながらその内部構造は複雑で、カレンダーが故障してしまった場合は専門家に修理してもらう必要があります。

ロレックスのカレンダーが故障する原因

カレンダーの故障は、内部の部品の破損や油切れが原因となって起こります。ロレックスの故障の原因を詳しく見ていきましょう。

歯車や部品の破損

ロレックスのカレンダーは、日付が書かれたプレートが内部の「日送り車」という歯車によって動かされます。日付が書かれたプレートはドーナツ状になっており、輪の内側に等間隔の突起があります。歯車がこの突起部分に引っかかることでプレートが動き、次の日の日付に移り変わるのです。

しかし歯車やプレートの故障により、歯車が回らなくなったりプレートと歯車が連動しなくなったりすると、時計は動くのにカレンダーだけが動かないという状態になります。

内部の部品の油切れ

ロレックス内部の部品は長い間使っているとお互いにこすれあって摩耗してしまうもの。カレンダーを動かすプレートや歯車も例外ではありません。時計内部で油切れをおこしていると、プレートや歯車の劣化でカレンダーの日付が変わらなくなってしまう可能性があります。

また油が切れていなくても長年変えずに放置すると、油が劣化して動きが悪くなることも。定期的に注油・油の交換をする必要があります。

そもそも故障していない可能性も?

お手持ちのロレックスの種類によっては、通常とはカレンダーの切り替わるタイミングが違っていることや、月末に自分で調整する必要があるものもあります。また何度もカレンダーを自分で調整すると、一時的に切り替わらなくなるというケースも。時刻を再調整し、しばらく様子を見ても直らない場合は、修理店に修理をお願いしましょう。

カレンダーを操作する際にやってはいけないこと

カレンダーを操作する際に、気をつけなければならないことがあります。時計の種類によって幅はありますが、一般的に腕時計についているカレンダーには操作禁止時間帯があります。

カレンダーの日付を変える日送り車は、午後8時から午前3時の間で日付プレートがかみ合うように設計されています。日送り車によって日付プレートが動くと、次の日付へと変更されるのです。しかし、この時間帯にカレンダーを手動で操作してしまうと、正常に日付が変わらなくなってしまいます。また、日送り車と日付プレートがかみ合っている時に強制的にカレンダーを操作すると、日送り車とプレートの突起が折れたり時計が動かなくなったりする可能性も。日付をまたぐ時間帯はカレンダーを操作しないようにしましょう。

カレンダーが故障しているかどうか確認する方法

カレンダーの操作禁止時間帯に操作してしまったり、カレンダーに不具合が見られる場合は数日程度様子を見ましょう。その際、以下の点を確認してみてください。

  • リューズを回した時に引っかかるような感じがするか
  • 日付が変わりだす時間帯が依然と異なるかどうか
  • 日付が変わる途中で止まっていないか
  • 正常に日付が変わっていても、微妙なずれがないか

上記のうちいづれかの症状が見られるようであれば、専門家の修理を受けることをおすすめします。中でカレンダーを動かしている歯車が折れている可能性があるため、放置すると他の部品まで傷つけてしまう可能性も。そうなると修理の際に部品交換が増え、修理費が高額になります。

以下のページに見積もり無料で修理料金がリーズナブルな修理専門店をまとめていますので、ぜひご利用ください。

ロレックスが故障した時頼りになる修理専門店3選>>