徹底比較!ロレックスのオーバーホール専門店

ロレックスの修理に長けているオーバーホール専門店を紹介します。

ロレックス修理専門店を比較【オーバーホール編】

ロレックスを永く愛用するためのオーバーホール業者ガイド

HOME >  症状で分かる!ロレックス故障の原因

症状で分かる!ロレックス故障の原因

ロレックスが動かなくなった、遅れるようになった…などなど、困った故障の原因を解説していきます。

モデル別の故障症状と原因についても紹介していきます。

動かなくなってしまった

ロレックスの故障のうち、時計が「動かなくなってしまった」原因には、次のようなことが考えられます。

【 原因 】

  • 潤滑油切れ・劣化
  • 歯車の摩耗
  • ゼンマイ切れ

では、これらの原因で時計が動かなくなれば、修理代としていくらかかるのか。潤滑油切れや劣化の場合は油を補充すればすみますが、歯車の交換だと10,000円前後、ゼンマイ切れだと5,000円前後、ローターの交換だと10,000円前後が目安となります。部品もレアなヴィンテージモデルであれば、さらなる出費を覚悟しなければいけません。

多くの場合、動かなくなってしまうのは油切れ、もしくは油の劣化が原因です。歯車の劣化もゼンマイ切れも、潤滑油不足によって歯車やゼンマイに負担がかかり、欠けたり損傷したりするもの。これらは定期的なオーバーホールで防げる故障です。3年に1回くらいの目安でメンテナンスをしましょう。

時間の遅れや進みが激しい

ロレックスの故障のうち、「時間の進みや遅れが激しく」なる原因には、次のようなことが考えられます。

【 原因 】

  • ゼンマイの異常
  • 磁気帯び

これらの原因で修理した場合、費用の目安としてはゼンマイの異常なら部品交換で3,000円~、磁気帯びなら磁気抜き作業で同じく3,000円~からが相場。もちろん、ロレックスのモデルや個体の状態によってはさらに費用がかさんでしまうこともあります。

ゼンマイ異常の予防はオーバーホール以外なかなか難しいものがありますが、磁気帯びは心がけひとつで防ぐことが可能です。時計を、磁気を帯びるものの近くに長時間放置しておかない。これが鉄則。スマホやパソコン、テレビなどの磁気によってゼンマイが磁化し、時計の精度が狂ってしまうため、できるだけデジタル機器に時計を近づけないようにしましょう。

時刻が合わせられない

ロレックスの故障のうち、「時刻があわせられなくなる」原因には、次のようなことが考えられます。

【 原因 】

  • ゼンマイの劣化
  • リューズの破損による空回り
  • ネジ山の摩耗

リューズを巻いてみていつもと違う感覚だったら、それはリューズの破損によるもの。ゼンマイの劣化、もしくは丸・角穴車が欠損してしまっていると推測できます。違和感どころか、リューズが巻けなくなってしまっている(空回り)、強い力が必要なようだと、リューズ自体が破損しているとみていいでしょう。

これらの原因の場合、損傷個所や損傷具合にもよるものの、修理代は10,000円前後が目安です。リューズ抜けなら修理代も2,000円前後ですみますが、リューズ一式の交換が必要だと12,000円前後くらいは必要でしょう。故障の予防法としては、リューズを強引に巻かない、ゼンマイが劣化しないように高温や高湿に気を付けることなどがあげられます。

ベゼルが動かない

ロレックスの故障のうち、「ベゼルが動かない」原因には、次のようなことが考えられます。

【 原因 】

  • ベゼルの破損

ベゼル自体はとてもシンプルな構造であり、煩瑣な故障は起こらないでしょう。ホコリや細かいゴミが詰まってしまうことで動かなくなることもあります。しかし、逆回転防止の部品が破損していたりすると、交換が必要となります。

ベゼルの交換となると20,000円ほどかかり、部品交換のなかでも高額な部類に入りますので、あまり衝撃を与えないように取りあつかうことが大切です。とくに、落下などによる強いダメージをうけるとベゼルは破損しやすいため、日ごろから注意しておきましょう。

ベゼルに詰まったホコリや細かいゴミなどは、オーバーホールで除去することができます。

振ると乾いた音がする

ロレックスの故障のうち、時計を「振ると乾いた音がする」原因には、次のようなことが考えられます。

【 原因 】

  • ネジの緩み・脱落
  • ルビーの破損

振るとカタカタ乾いたような音がしたら、経年劣化でネジが緩んでいたり、脱落してしまっていたりすることがおもな原因。また、軸受けのルビーが割れてしまっている場合も、同じような異音がします。

ネジの緩みや脱落だけならオーバーホールの基本料金内で対処できますが、ルビーが破損してしまっていると、それプラス10,000円ほどの出費が必要です。ルビーはモデルや箇所によって修理専門店では部品が入手困難なケースもあり、さらに費用がかかってしまうことも。

油切れによる摩耗が破損の要因となるので、定期的にオーバーホールしてメンテナンスしておくことをおすすめします。

ガラスの内側が曇る

ロレックスの故障のうち、「ガラスの内側が曇る」原因には、次のようなことが考えられます。

【 原因 】

  • パッキンの劣化
  • リューズの歪み
  • ガラスの割れ

もし、ガラス(風防)の内側が曇っているのであれば、それは時計内に水分が侵入している証拠。そのままにしておくと、ムーブメントが水分によって腐食(サビ)してしまい、取り返しがつかなくなってしまうことも。早急にオーバーホールして対処してください。修理代は、パッキンの劣化やリューズの歪みによるものであれば、オーバーホール代とは別に部品交換代で3,000円ほどです。

ガラスの割れやリューズの歪みや見た目で判断できますが、わかりにくいパッキンの緩みは要注意。時計の裏面から汗が入り込んでしまうことがありますので、ダイバーズウォッチであったとしても過信せず、違和感があったらすぐにオーバーホールにだしましょう。

ロレックス・サブマリーナによくある故障と原因

サブマリーナは、水深300メートルまで耐えるタフさが売りのダイバーズウォッチ。ロレックスの中でも比較的故障が少ないモデルです。

よくある症状1:ベゼルが動かない

ベゼルは本来、ダイバーが酸素ボンベの残時間を測るために取り付けられた、タイマーのようなもの。サブマリーナの場合、もともと半時計周りにしか回らないようにしてあります。これは、なにかのはずみで時計回りに回ってしまい、ダイバーが酸素の残量を多めに勘違いしてしまうことを、防ぐためのシステムだそう。このベゼルがどちらにも回らなくなってしまうことが、ごく稀にあります。

【 原因 】

ベゼルはとても簡単な仕組みになっているので、複雑な故障ではないと思われます。細かいゴミやホコリが詰まっている可能性が大きいでしょう。ただし、逆回転防止の針金が曲がってしまっている場合もあるので、無理にいじらず、時計修理屋に持って行きましょう。

よくある症状2:時刻合わせができない

リューズを回しても針が動かず、空回りしてしまう場合です。なんらかの部品が破損している可能性があります。

【 原因 】

一番多い原因は、小鉄車という小さな歯車が欠けてしまうことです。油切れ(潤滑油がないこと)の状態で、リューズを回した場合などによく発生します。自動巻きユニットの場合、油が切れるとゼンマイの巻上げ効率が落ちてきます。金属粉や汚れが散らかって他の部品にも影響を及ぼしてしまうこともあるので、早めにメンテナンスに出すようにしてください。

評判のおすすめオーバーホール業者3選