ロレックス修理専門店を比較【オーバーホール編】 » 症状で分かる!ロレックス故障の原因

症状で分かる!ロレックス故障の原因

「ロレックスが動かなくなった」「急に時刻が遅れるようになった」などなど、愛用のロレックスに異変が起きたときには、どのように対処すればいいのでしょうか。

こちらのページでは、ロレックスに起こりやすい、困った故障の原因と修理費用の相場などを解説していきます。

モデル別に起こりやすい故障などもご紹介しますので、大切なロレックスを長く愛するために、参考にしてみてくださいね。

時刻・カレンダーに関する故障

「時刻がズレる!」「カレンダーの様子がおかしい……」など、時刻やカレンダーに関する故障の原因、修理費用の相場をチェックしていきましょう。

ロレックスが動かなくなってしまった

原因

  • 潤滑油切れ・劣化
  • 歯車の摩耗
  • ゼンマイ切れ

多くの場合、ロレックスが動かなくなってしまうのは油切れ、もしくは油の劣化が原因です。

油切れや油の劣化は、歯車の摩耗やゼンマイ切れにもつながります。潤滑油不足によって、歯車やゼンマイに負担がかかることで、欠けたり、損傷したりしてしまうのです。

ただし、これらは定期的なオーバーホールで防げる故障です。3年に1度くらいの目安でメンテナンスをしましょう。

修理費用の相場

ロレックスが動かなくなったとき、潤滑油切れや、劣化が原因の場合は、油を補充するだけでOKです。ゼンマイ切れは5,000円程度、歯車の交換は10,000円程度、ローターの交換は10,000円程度の費用がかかってきます。

部品によって金額が変わることも多く、レアなヴィンテージモデルなどであれば、さらなる出費を覚悟しなければいけませんので、定期メンテナンスで故障を防ぐようにしましょう。

時刻が遅れたり、止まったりする

原因

  • 潤滑油切れ・劣化
  • 歯車の摩耗

潤滑油切れや油の劣化は、歯車の動きを悪くし、時刻を遅れさせたり、止めてしまったりする原因になります。歯車の動きが悪くなると、本来の動作が難しくなり、時刻を正常に刻むことができなくなってしまうのです。

歯車の動きが悪い状態を放置していると、歯車の摩耗が進み、ほかのパーツの破損につながることもあります。定期的にオーバーホールを行なって、パーツの破損を防ぎましょう。

修理費用の相場

潤滑油だけが不調の原因であれば、油を補充するだけで済みます。しかし、歯車を含むパーツを交換する必要がある場合には、安くとも10,000円以上の費用が必要となります。

時刻の遅れや、進みが激しい

原因

  • ゼンマイの異常
  • 磁気帯び

時刻の遅れや進みの原因となる「磁気帯び」は、心がけひとつで防ぐことが可能です。予防法は、ロレックスを、磁気を帯びるものの近くに長時間放置しておかない、たったこれだけ。

スマホやパソコン、テレビなどが発する磁気は、ゼンマイが磁化させます。それにより、時計の精度が狂ってしまうため、デジタル機器に時計を近づけないように心がけましょう。

また、ゼンマイの異常予防には、オーバーホールが有効です。定期的にオーバーホールを行い、しっかりとメンテナンスをするようにしてくださいね。

修理費用の相場

費用の目安としては、ゼンマイの異常なら部品交換で3,000円から。磁気帯びなら、磁気抜き作業で3,000円からの費用が相場となっています。もちろん、ロレックスのモデルや、個体の状態によっても費用が変わってくるため、注意しましょう。

時刻が合わせられない

原因

  • ゼンマイの劣化
  • リューズの破損による空回り
  • ネジ山の摩耗

時刻が合わせられない原因には、リューズそのものに原因がある場合と、時計の内部に異常が起きている場合があります。

リューズを巻いてみて、いつもと違う感覚である場合や、リューズが巻けなかったり空回りする、または強い力を入れなければリューズが巻けない場合には、リューズに原因があると考えましょう。リューズには問題がない場合には、ゼンマイの劣化や丸・角穴車が欠損してしまっていると推測できます。

故障を予防法するためには、リューズを強引に巻かないようにしたり、ゼンマイが劣化しないように高温や高湿に気を付けるようにしましょう。

修理費用の相場

リューズ抜けなら修理代も2,000円前後で済みますが、リューズ一式の交換が必要だと、12,000円前後の金額になります。損傷個所や損傷具合にもよるものの修理代は、10,000円前後が目安です。

カレンダーが動かない、中途半端な位置で止まる

原因

  • 歯車や部品の破損
  • 潤滑油切れ・劣化

歯車などの内部部品が故障していたり、潤滑油切れや劣化によって内部部品が動かないことで、カレンダーに不調が現れる場合があります。

また、カレンダー操作禁止時間帯にカレンダーを操作してしまうと、故障の原因になることがあります。翌日の日付へと表示が切り替わる時間帯にカレンダーを操作すると、日付を自動で変更させるための部品の破損につながりますので、注意が必要です。

修理費用の相場

歯車や部品の修理費用は、だいたい10,000円前後。しかし、修理せずに放置していると、折れた歯車や部品によって他のパーツが傷つけられ、修理費用が高額になるケースも。

ロレックスが故障した時頼りになる修理専門店3選

部品の動きに関する故障

「リューズが動かない!」「買ったときと部品の動きが違う……」など、部品の動きに違和感を感じたときは、どのような原因が考えられるのでしょうか。部品の動きに関する故障の原因と、修理費用の相場を紹介していきます。

ベゼルが動かない

原因

  • ベゼルの破損

ベゼル自体はとてもシンプルな構造であるため、修理が難しいような故障が起こることはほとんどありません。ただ、シンプルな構造であるからこそ、ホコリや、細かいゴミが詰まってしまって動かなくなるようなこともあります。

修理費用の相場

ベゼルに詰まったホコリや細かいゴミなどは、オーバーホールで除去することができます。

しかし、逆回転防止の部品が破損している場合には、ベゼルの交換が必要。ペゼルの交換には、20,000円ほどかかり、部品交換のなかでも高額な部類です。

破損を防ぐためには、あまり衝撃を与えないように取り扱うことが大切です。ペゼルは、落下などの強いダメージによって破損しやすいため、日ごろから注意しておきましょう。

逆回転防止ベゼルが両回転する

原因

  • 逆回転防止バネの摩耗、破損

逆回転防止ベゼルは、ケースに逆回転防止バネと呼ばれる部品がついており、その部品が逆回転を防いでいます。バネが破損していたり、劣化によって伸びてしまったりしていると、逆回転防止ベゼルが両回転する故障につながります。

逆回転防止機能を日常的に使っていない場合だと気付きづらい故障ではあるのですが、放置しているうちに、ほかの故障を巻き起こしてしまうケースもあります。定期的なメンテナンスを行なって、故障を早期に発見できるようにしてくださいね。

修理費用の相場

破損している逆回転防止バネの修理は、3,000円〜で行うことができます。高い金額ではありませんので、ほかの故障を起こす前に修理してしまうようにしましょう。

リューズが空回りする

原因

  • ゼンマイ切れ
  • 丸・角穴車の破損

ゼンマイ切れや、丸・角穴車の破損が起きていると、リューズが空回りするようになってしまいます。ゼンマイが切れていると、時刻が止まる原因になり、リューズが巻けないということは、時刻や日付の調節などについて、正常な動作が行えないようになってしまいます。

リューズを回したときに手応えを感じない場合には、故障を疑い、修理を行うようにしましょう。

修理費用の相場

症状を改善するためには、リューズの空回りを引き起こしているパーツを交換する必要があります。パーツ交換は5,000円程度ですので、早めに修理店に持ち込み、しっかりと直してくださいね。

リューズが取れた

原因

  • オシドリのゆるみ、破損

リューズは、さまざまな用途で使用することが多く、部品のなかでも、特に破損しやすい部分です。リューズを固定させる部品である「オシドリ」に不調があると、リューズが取れてしまう原因になります。

リューズが取れてしまうと、「日付や時刻を調節できない」「ゼンマイを巻けない」など、操作に不具合がでるうえに、内部に水分やホコリなどのゴミが入り込んでしまいます。重大な故障につながる可能性も高いため、早めに修理を行いましょう。

修理費用の相場

オシドリが破損している場合には、交換が必要となり、だいたい4万円前後の費用がかかります。かなり高額な費用ですので、オシドリを破損させないためにも、リューズの動きに違和感を感じた場合には、早急な対応が必要です。

ねじ込み式リューズが閉まらない

原因

  • ネジ山にホコリや皮脂などのゴミが詰まっている
  • ネジ山の摩耗、破損

ねじ込み式リューズを操作して、元の位置に戻そうとしたときに、根元まできちんと閉まらないというのは、ロレックスの故障のなかでも割と起こりやすいものです。

ネジ山はホコリや皮脂などのゴミを溜め込みやすく、ネジ山にゴミが溜まっていると、ねじ込み式リューズが正常に動作しなくなってしまいます。ゴミを放置していると、サビつきや破損の原因にもなります。定期的にケアを行なって、ネジ山の摩耗や破損を防ぎましょう。

修理費用の相場

ゴミが溜まっているだけであれば、ブラシやつまようじを使ってゴミを取り除くだけで症状は改善します。しかし、ネジ山の摩耗や破損が発生している場合には交換が必要となり、10,000円程度の費用が必要となります。

その他

クロノグラフ針の位置がおかしい

原因

  • 経年劣化
  • 落下などの強い衝撃

クロノグラフ針を支える部品である、「ハカマ」がゆるんでいると、クロノグラフ針がきちんと0の位置に戻らなかったりするような現象が起こります。ハカマは、経年劣化や、落下などの強い衝撃を受けたときにゆるんでしまうことがあるもの。

クロノグラフ針の位置のずれは、ほかの重大な故障を引き起こすことの少ない軽い故障ですので、定期的なオーバーホールのタイミングで修理をすることをおすすめします。

修理費用の相場

オーバーホールを行えば解決する問題です。オーバーホールの費用は、安いもので20,000円前後となります。

外装に関する故障

大切にお手入れしていても、「傷がついた!」「汚れが気になる!」など、外装に関するトラブルが起きることがあります。外装は、どのくらいの費用で修理することができるのでしょうか。修理費用などを確認していきましょう。

ガラス(風防)の内側が曇る

原因

  • パッキンの劣化
  • リューズの歪み
  • ガラスの割れ

ガラスの内側が曇っているのは、時計内に水分が侵入している証拠。この症状を放置しておくと、取り返しのつかない事態を招いてしまうことがあります。なぜならば、水分の侵入は、ムーブメントが錆びる原因となり、大きな故障につながることが多いから。

ガラスの割れやリューズの歪みは見た目で判断できますが、パッキンのゆるみはわかりづらいため、要注意です。また、水に強いダイバーズウォッチでも、ずっとつけているうちに、汗が時計の裏面から入り込んでしまうことがあります。違和感を感じたら、急いでオーバーホールに出しましょう。

修理費用の相場

オーバーホールだけで済む場合もありますが、パッキンの劣化やリューズの歪みがあれば、部品交換が必要となります。部品交換代で3,000円程度が相場です。

ガラス(風防)の割れや傷つき

原因

  • 落下などの強い衝撃

ロレックスのガラスは、かなり耐久性の強いものではありますが、強い衝撃を受けた場合には、割れたり、傷がついたりすることがあります。ガラスが割れていると、ガラスの破片が内部に入り込み、ほかのパーツの故障を引き起こすことも。

肉眼では傷に見えるような割れもありますので、ガラスに傷が生じたときも、放置せず、修理を行うようにしましょう。

修理費用の相場

ガラスに故障が起きた場合は、パーツ交換での対応になります。費用は18,000円程度。

ガラスの故障は、日頃から衝撃を与えないように気をつけているだけで防げるものですので、日々、取り扱いに注意するようにしてくださいね。