ロレックス修理専門店を比較【オーバーホール編】 » ロレックスのオーバーホール専門店一覧 » TOKOYO(トコヨ)

TOKOYO(トコヨ)

このページでは、ロレックスのオーバーホールができる時計修理専門店「TOKOYO」について紹介します。

TOKOYOは、安価な料金設定と20年間培ってきた技術で、利用者が満足するサービスを提供しています。テクニカルマネージャーである笹崎正蔵氏を筆頭に、実績豊富なスタッフが揃った修理専門店です。笹崎氏は時計のメンテナンスに20年間以上携わってきたスペシャリスト

アンティークモデルから現行品まで幅広く扱い、その時計に合った最善の方法で修理を行います。オーバーホールにこだわりを持って利用者に満足いくサービスを提供しています。

ロレックスのオーバーホール料金(一例)

ロレックス(デイトナ)
修理内容 オーバーホール、パッキンガスケット4本交換
修理費用 40,000円
ロレックス(エクスプローラ)
修理内容 オーバーホール、パッキンガスケット3P交換、リューズ交換、チューブ交換
修理費用 35,000円
ロレックス(GMTマスター)
修理内容 オーバーホール、ゼンマイ交換
修理費用 28,000円
オメガ(フラクトマスター)
修理内容 オーバーホール、ゼンマイ交換、錆除去、天芯磨き
修理費用 42,000円
パネライ(ルミノールサブマーシブル)
修理内容 オーバーホール、ゼンマイ交換、アンクル交換、裏パッキンガスケット2P交換
修理費用 32,000円
IWC(オーシャン2000前期)
修理内容 オーバーホール
修理費用 20,000円
ブライトリング(クロノマット)
修理内容 オーバーホール、各車のホゾ磨き加工
修理費用 33,000円

TOKOYOの特徴

保証期間
修理の保証期間は6ヵ月です。自然故障の場合は無償のメンテナンスが受けられます。ただし、以下の場合は有償になります。

  • ガラス・ブレス・ケースの外装部品の交換
  • 外装の傷の研磨
  • 水没、磁気などによる損傷・精度不良

修理日数
他店と比べて修理期間が短く、約2週間でオーバーホールが完了します。部品交換が必要な場合は多少修理期間が延びることがあります。

修理費用
ロレックスのオーバーホールの基本料金は18,000円~で、メーカー修理に比べて約半分の費用で済みます。他の時計ブランドでもメーカーに修理を依頼するより半額近い料金に設定されています。

その他にもカルティエ、チュードル、タグホイヤー、ジャガールクルト、パテックフィリップなど幅広く手掛けています。

TOKOYOの基本情報

所在地 宇都宮市江野町5-10
営業日 月曜・火曜・木曜・金曜・土曜・日曜
9:30~19:00
定休日:水曜
支払い方法 代引き・銀行振込・クレジットカード・ローンJACCS
アクセス 東武鉄道「東武宇都宮駅」東口出口より徒歩1分
公式サイト http://tokoyo.jp/mainte.php

ロレックスのオーバーホールができる
専門店の一覧はコチラ

カナルクラブ タムタイム 大樹
オーバーホール料金例 デイトジャスト:17,000円~ デイトジャスト:25,000円~ デイデイト:25,000円~
デイデイト:22,000円~ デイデイト:25,000円~ 手巻き:20,000円~
保証内容 1年間保証 1年間保証 1年間保証
郵送
実績 40年以上のオーバーホール実績 1963年創業の老舗時計店が母体 30年を超える実績
カナルクラブの
公式HPを見る
タムタイムの
公式HPを見る
大樹の
公式HPを見る