徹底比較!ロレックスのオーバーホール専門店

ロレックスの修理に長けているオーバーホール専門店を紹介します。

ロレックス修理専門店を比較【オーバーホール編】

ロレックスを永く愛用するためのオーバーホール業者ガイド

HOME >  モデル別・ロレックスのオーバーホール事例 >  ヨットマスターのオーバーホール事例

ヨットマスターのオーバーホール事例

ここでは、ロレックスでも人気の高いモデルのひとつ、ヨットマスターのオーバーホールにかんする情報をまとめていきます。

ヨットマスターのオーバーホール料金を調べるとともに、よくある故障や症状とその原因・対処法、ロレックス内における位置づけ、モデルの特徴などについても紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

ヨットマスターの故障例と対処法

まずは、ヨットマスターで起こりやすい故障と、その症状の原因、そしてオーバーホール・修理でいくらくらいかかるのかの参考例を見ていきましょう。

【症状】1日15秒くらい遅れがでる

  • 原因
    ムーブメント油切れ、パッキン劣化
  • 対処法
    オーバーホール、部品交換、新品仕上げ

ムーブメント油切れを放置したことで部品、パッキンが劣化し遅れが生じることはよくあるケースです。この場合はオーバーホールで対処し、あわせて全体的なキズを取って仕上げました。費用はオーバーホール23,000円+パッキン交換1,500円+ガラスパッキン交換2,500円+新品仕上げ7,000円+(消費税2,720円)で36,720円。

【症状】時間表示が不正確になった

  • 原因
    内部の油切れ、大きな衝撃による部品の破損
  • 対処法
    オーバーホール、部品交換

ムーブメント油切れおよび、強いショックが与えられたことによる内部バランスのズレと、ゼンマイ・3番車の摩耗・損傷が原因の故障です。オーバーホールに加え、注油とバランス調整のほかは部品2点の交換(ゼンマイ交換、3番車交換)ですみました。納期はおよそ3週間前後。見積額はオーバーホールと部品代・修理代と新品仕上げを含み51,450円でした。

ヨットマスター37【型番:16622】のオーバーホール事例

  • 依頼内容
    オーバーホールでの作動不良メンテナンスと全体のキズ取り
  • 調整内容
    分解、洗浄、調整、注油、組み立て、点検、新品仕上げ
  • パーツ交換・その他
    ガラスパッキン、4番車
  • 参考費用
    オーバーホール23,000円+ガラスパッキン交換代2,500円+4番車交換代9,000円+新品仕上げ7,000円+(消費税3,320円)→44,820円

ヨットマスター37【型番:16622】の詳細情報

ムーブメント 自動巻きクロノメーター
機能 デイトジャスト機構(日付の早送り機能付き)、秒針停止機能による正確な時刻設定、2236ムーブメント、両方向回転ベゼル、100m防水
パワーリザーブ 48時間
ケース 40mm(径)×12.5mm(厚)
素材 ステンレススチール、サファイアクリスタル(風防)

ヨットマスターRef.16622は2012年に登場したばかりの、長い歴史を有するロレックスの中では新顔のスポーツモデル。ラグジュアリーマリンモデルの位置づけで、高いスペックとエレガントなルックスが自慢です。

ステンレスにプラチナを組み合わせた独特の高級感をもつデザインは、決して飽きがくることがなく、多くのロレックスファンの心をひきつけてやみません。

内部構造は前モデルであるヨットマスターRef.16622から変更され、とくにベゼルは三角形のスプリングと120個の刻みが入れられたものへ一新。両方向へストレスなく回転することが可能となり、操作性が一段と向上しました。ムーブメントそのものはRef.16622から変更ないものの、ゼンマイは耐磁性に抜きんでたパラクロム製ヒゲゼンマイを採用し、耐衝撃性もこれまでの10倍の強度を誇ります。

また、イージーリング搭載で5mmの延長ができる新バックルを備えたブレスレット、夜光塗料をより視認性・発光持続性の高いクロマライトへ変更したダイヤル夜光など、随所に使い勝手のよさと実用性を高めた機能を盛り込んでいるのもヨットマスターRef.16622の特徴でしょう。

スタイリッシュなデザイン、操作性、機能性、耐久性、快適性を高い次元で実現していることが、登場からわずか数年でヨットマスターRef.16622の人気が不動のものとなった要因であることは間違いありません。

ロレックスのオーバーホールができる専門店の一覧はコチラ

ヨットマスターとは【ロレックスの基礎知識】

ヨットマスターは、同じマリンモデルでもダイバーズモデルとは一線を画したモデル。ダイバーズのように極限にまで高度な防水性能は搭載せず、通常のマリンスポーツで耐えうるに十分なレベルの100m防水を備えている時計です。あくまでターゲットとするユーザーは、クルーザーやヨットでの余暇を楽しむ層であるため、必要最低限の防水性能があれば問題ありません。

ヨットマスターが生まれたのは、1992年のこと。逆回転防止ベゼルを搭載している点は約40年前に誕生したサブマリーナモデルと同じでしたが、目盛りが立体的に彫り込まれたスタイルとなっていたのがヨットマスターの特徴でした。

当初は金無垢とコンビの2種類だけしかバリエーションがなかったものの、1999年にロレジウムがリリースされたことで一気に人気に火が付き、一躍、ロレックスのメジャーモデルへと名乗りをあげることになります。

そのほかにもヨットマスターロレゾール(イエローゴールドとステンレススチールのコンビネーション)をはじめ、レディスサイズ、ボーイズサイズなどがラインナップされ、そのバリエーションの豊富さには目を引くものがあります。

富裕層へ向けたラグジュアリーモデルということもあり、ベゼルには独特のエンボス加工が施されているほか、ケースラグ、ブレスレットなど細部の意匠にこだわっているのもヨットマスターの特徴。スポーツモデルでありながら、高級感あふれるデザイン性の高さもヨットマスターが愛される理由のひとつだといえるでしょう。

ヨットマスターの型番

ヨットマスターには現行モデルとしてメンズモデル3種、ボーイズモデル2種がラインナップされています。以前はメンズ、ボーイズ、レディースと3モデルそろい踏みでしたが、レディースモデルは2014年に惜しくも生産終了となりました。

ヨットマスターはもともと、ヨットを楽しむセレブに向けたスポーツモデルとして、ペアで着用することを想定したモデル。メンズ、ボーイズ、レディースをラインナップしたのはそのためです。これは、ロレックスのスポーツモデルとしてははじめてのことでした。

1992年に登場したRef.16628は登場時、スポーツモデルでありながらバリエーションがゴールドだけという異色の存在でしたが、ダイヤルカラーはホワイト・ブルー・グレー・シャンパンと4種類展開しており、しっかり個性も表現できるモデルです。その後、ロレジウム、ステンレス×18KYGコンビモデルなどがマイナーチェンジのたびにラインナップされ、現在ではかなり豊富なバリエーションとなっています。

そんなヨットマスターの型番を、下記にまとめてみましたので参照ください。

【正規代理店の商品ページより、型番を抜粋】
現行モデル 生産終了モデル
メンズモデル Ref.116622、Ref.116621、Ref.116655 Ref.16622、Ref.16623、Ref.16628
ボーイズモデル Ref.268622、Ref.268655 Ref.168622、Ref.168623、Ref.168628、Ref.68623、Ref.68628
レディースモデル Ref.169622、Ref.169623、Ref.169628、Ref.69623、Ref.69628

他のロレックスのオーバーホール事例はコチラ

評判のおすすめオーバーホール業者3選