徹底比較!ロレックスのオーバーホール専門店

ロレックスの修理に長けているオーバーホール専門店を紹介します。

ロレックス修理専門店を比較【オーバーホール編】

ロレックスを永く愛用するためのオーバーホール業者ガイド

HOME >  モデル別・ロレックスのオーバーホール事例 >  サブマリーナーのオーバーホール事例

サブマリーナーのオーバーホール事例

サブマリーナーの故障例と対処法

まずは、サブマリーナーの代表的な故障例と、どうしてその症状が起きてしまうのかの原因、対処法などについて見ていきましょう。サブマリーナーで起こりがちな症状ですので、参考にしてみてください。

【症状】ワインディングマシーンの破損。リューズが操作できなくなった。

  • 原因
    オイル切れの状態で無理に針を回したため、歯車が破損。
  • 対処法
    オーバーホールに加え、歯車芯の研磨、ゼンマイ交換、丸穴中間車、小鉄車、キチ車交換、リューズ交換で対応。空回りによって時刻あわせができなくなる故障は、サブマリーナーではよくみられる症状です。その大きな要因は、サブマリーナーが大型のリューズを採用しているため。

リューズが大きければ、そのぶん、歯車に伝わる力も大きくなります。そこで油切れを起こしていれば歯車にも大きな負荷がかかり、やがて欠落や破損してしまうのです。また、デイジャストなど小型リューズのモデルは違和感が伝わりやすいため、歯車が壊れてしまう前に異常を感知しやすいのに対し、サブマリーナーは大型リューズが仇となって異常を感じにくいという側面もあります。

特徴的なリューズはロレックスの部品のなかでもとくに高価な部類に入り、修理店や代理店に在庫があるかないかで修理費用が大きく違ってくるため、オーバーホールは小まめにしておいたほうがいいでしょう。

サブマリーナー【型番:14060】のオーバーホール事例

  • 依頼内容
    オーバーホール
  • 調整内容
    分解、洗浄、調整、注油、組み立て、点検
  • パーツ交換・その他
    なし
  • 参考費用
    オーバーホール27,000円(1~2年前にオーバーホールしており、基本料金のみで対応できた)

サブマリーナー【型番:14060】の詳細情報

ムーブメント 自動巻きクロノメーター
機能 秒針停止機能による正確な時刻設定、回転防止ベゼル、300m防水
パワーリザーブ 48時間
ケース 40mm(径)×13mm(厚)
素材 ステンレススチール

2012年から製造されている、サブマリーナーRef.14060。前モデルであるRef.14060Mからは、リューズガードの大型化や、ケースのラグの太さが2.7mmから4mmへ変更されて耐久性がアップしています。そのほか、中空だったブレスレットの中央パーツが無垢仕上げに、ベゼルがメモリにプラチナの特殊コーティングを施したセラミック製ベゼルディスクに、ムーブメントがブルーパラクロム・ヒゲゼンマイになどの変更がありました。

ダイヤルもインデックスを大型化し、針とともに夜光塗料もクロマライトに変更することで青色発光時間をこれまでの約2倍、8時間まで長くすることに成功しています。

また、サブマリーナー【型番:14060】の特徴としてあげられるのが、ユーザーが自分でブレスを調節できるようになった点。新型バックルであるグライドロッククラスプを採用しているため、修理店や時計屋に持ち込まなくても、工具なしで自由に調節できるようになりました。手首周りの太さが変わったり、人から譲り受けたりした場合でも、その場で好みの長さに調整できるため好評です。

ベゼルもセラミックベゼルを採用し、キズに強くなっただけでなく、耐蝕性も飛躍的に向上しています。そのほかのマイナーチェンジもあわせ、耐衝撃性、耐磁性、堅牢性が高まっているのがサブマリーナー【型番:14060】の魅力としてあげられるでしょう。

とくに、磁力に強い効果を発揮するブルーパラクロム・ヒゲゼンマイは、これまでのゼンマイに比べおよそ10倍もの耐衝撃性を誇っています。

サブマリーナー【型番:16610】

  • 依頼内容
    オーバーホール
  • 調整内容
    オーバーホール・仕上げ
  • パーツ交換・その他
    パッキン・ガラスパッキン・ローター芯交換
  • 参考費用
    オーバーホール27,000円+パッキン・ガラスパッキン・ローター芯交換で49,000円

サブマリーナー【型番:16610】の詳細情報

ムーブメント 自動巻きクロノメーター
機能 秒針停止機能による正確な時刻設定、回転防止ベゼル、300m防水
パワーリザーブ 48時間
ケース 40mm(径)×13mm(厚)
素材 ステンレススチール

サブマリーナーRef.1661は1989年の登場以来、2010年までの21年の長きにわたり製造された、ロレックスでもロングセラーの部類に入るモデルです。デザインでは前のモデルから大きなリニューアルはなかったものの、メンテナンス性や安定性の向上を図られたモデルでもあります。

たとえば、ムーブメントはそれまでのCal.3035からCal.3135に変更。Cal.3035は1つのブリッジでテンプを支えていましたが、ツインブリッジが採用されたCal.3135を搭載することでメンテナンスがしやすくなっただけでなく、さらに安定性が高まりました。

20年を超えるロングセラーモデルですから、その間にさまざまなマイナーチェンジが繰り返されています。ケースやブレスレットをブラッシュアップしたり、夜光塗料を持続性の高いものに変更(トリチウム→スーパールミノバ)したりするなど、サブマリーナーの魅力はそのままに、より使いやすく、見やすく進化しています。

また、人気モデルだけあってマイナーチェンジに偽造防止策が盛り込まれているのも、サブマリーナー【型番:16610】の特徴。ダイヤル外周の立ち上がり部分であるインナーリングにルーレット刻印を押したり、サファイアクリスタル風防の6時の位置に透かし彫りのクラウンを施したりするなど、細やかな点にも注目してみてください。製造時期によって異なる、サブマリーナー【型番:16610】のあらたな味わいを確かめることができるでしょう。

ロレックスのオーバーホールができる専門店の一覧はコチラ

サブマリーナーとは【ロレックスの基礎知識】

「サブマリーナー(SUBMARINER)」の名が示すように、ダイバーズウォッチとして誕生したモデルです。1953年に誕生した当時、世界ではじめてのダイバーズウォッチとして、ダイバー関係者のみならず多くの腕時計愛好家から注目されました。以来、60年以上たった現在でも、ダイバーズウォッチとしてのみならず、ナンバーワンのスポーツウォッチとして不動の地位を築いています。

ダイビング用に設計された時計であるため、他社ブランドの時計はもちろん、ほかのロレックスモデルにはない特徴が盛り込まれているのもサブマリーナーが人気の理由のひとつ。

たとえば、300mもの水圧に耐えられる高い防水機能、暗い場所でも視認しやすい夜光塗料のアワーマーカー、ソリッドリング付きのオイスターブレスレットなど、その独特の魅力はスポーツロレックスでもトップの座を争うほど。実用性の高さは抜きんでており、過酷な状況で使用するユーザーの多くがサブマリーナーを選んでいることからもその実力を垣間見ることができるでしょう。

また、デザイン・カラーバリエーションが豊富なのも、サブマリーナーの魅力。ブラック、ブルー、グリーンの文字盤に、イエローゴールドとステンレスシルバーの組み合わせで、オーナーの個性を表現できるモデルがそろっています。

「赤サブ」「軍サブ」「Wネーム」といった希少価値の高いヴィンテージ・モデルも存在し、スポーツロレックス愛好家やウォッチコレクターの間では一目置かれるモデルでもあります。

サブマリーナーの型番

ダイバーズウォッチとして圧倒的な人気とシェアを誇るサブマリーナー。そんなサブマリーナーには、デイト付モデルとノンデイトモデルとがリリースされています。

デイト付モデルは日付表示機能がついたモデルで、現行では7モデルがラインナップ。ノンデイトは、日付表示機能がなく、3針のシンプルなスタイルが特徴のモデルです。こちらは現行モデルは1種のみながら、生産終了モデルを含めると14種がリリースされました。

デイト付、ノンデイトともに人気が高く、サブマリーナーの購入を検討している方も、どちらのモデルにするか迷うことが多いようです。確かに、日付機能があったほうが便利かもしれませんが、ノンデイトのほうが低価格(モデルによってはデイトより100,000円ほど安い)であり、またデイト機能のない独特なクラシカルの味わいがあることから、ロレックスファンから一定の支持を集めています。

参考までに、以下にサブマリーナーの型番を簡単にまとめておきますので、興味のある方はご覧ください。

【正規代理店の商品ページより、型番を抜粋】
現行モデル 生産終了モデル
デイト付き Ref.116610LN、Ref.116610LV、Ref.116613LB、Ref.116618LB、Ref.116613LN、Ref.116618LN、Ref.116619LB Ref.116613GLB、Ref.116618GLB、Ref.116613GLN、Ref.116618GLN、Ref.116619GLB、Ref.16618、Ref.16613SG、Ref.16613、Ref.16610LV、Ref.16610、Ref.168000、Ref.16808、Ref.16803、Ref.16800、Ref.1680/8、Ref.1680
デイト無し(ノンデイト) Ref.114060 Ref.14060M、Ref.14060、Ref.5517、Ref.5514、Ref.5513、Ref.5512、Ref.5508、Ref.5510、Ref.6538、Ref.6536、Ref.6205、Ref.6204、Ref.6200

他のロレックスのオーバーホール事例はコチラ

カナルクラブ タムタイム 大樹
オーバーホール料金例 デイトジャスト:17,000円~ デイトジャスト:25,000円~ デイデイト:25,000円~
デイデイト:22,000円~ デイデイト:25,000円~ 手巻き:20,000円~
保証内容 1年間保証 1年間保証 1年間保証
実績 40年以上のオーバーホール実績 1963年創業の老舗時計店が母体 30年を超える実績
公式HPを見る 公式HPを見る 公式HPを見る

評判のおすすめオーバーホール業者3選