ロレックス修理専門店を比較【オーバーホール編】 » モデル別・ロレックスのオーバーホール事例 » スカイドゥエラーのオーバーホール事例

スカイドゥエラーのオーバーホール事例

スカイドゥエラーはロレックスのコンプリケーションモデルです。そのオーバーホールの事例と料金について、故障の原因と共に見ていきましょう。

スカイドゥエラーの故障例と対処法

【症状】狂いやすくなった

原因
ヒゲゼンマイが絡んでしまった
対処法
ヒゲゼンマイ交換

時計の針の進みが遅くなったり、逆に早くなりすぎたりする場合、「油切れ」や「磁気帯び」などいくつかの原因が考えられます。「ヒゲゼンマイ」のトラブルも、その原因の一つです。腕時計の内部ではヒゲゼンマイが一定周期で伸縮することによって、高い精度で時を刻めます。時計に強い衝撃などがかかると、このヒゲゼンマイがズレたり絡んだりすると、適切な周期で伸縮できなくなるのです。この場合、ヒゲゼンマイの調整や交換によって対処できます。

スカイドゥエラーのオーバーホール料金目安

調整内容
オーバーホール
パーツ交換・その他
なし
参考費用
オーバーホール料金90,000円(メーカー依頼の場合)

スカイドゥエラー【型番:326934】の詳細情報

ムーブメント 自動巻き(Cal.9001)
機能 パーペチュアル、第2タイムゾーン表示、年次カレンダー、100 m/330 フィート防水
パワーリザーブ 72時間
ケース 42mm(径)
素材 ホワイトロレゾール - オイスタースチール& 18 ct ホワイトゴールド、傷防止サファイア(風防)

上記スカイドゥエラー「Ref.326934」は、ベゼルが 18ct ホワイトゴールドで、ダイヤル以外はシルバーカラーに統一されたモデルです。ダイヤルは落ち着いた色味のブルーカラー。インデックスは、長方形だけのシンプルなデザインです。また、インデックスには、「クロマライト ディスプレイ」と呼ばれる夜光機能を採用していて、暗い場所での機能性を確保しています。

スカイドゥエラーとは【ロレックスの基礎知識】

スカイドゥエラーは、バーゼルワールド2012でデビューしたコンプリケーションモデルです。

コンプリケーションモデルというと、複雑機構を搭載しているために大型で、操作方法も複雑、文字盤の情報量も多いというイメージがある方も少なくないでしょう。しかしスカイドゥエラーは、ロレックスらしくシンプルなデザインのまま、操作方法も簡単で普段使いにも適したモデルに仕上げています。

回転ディスクによる第二時間帯表示

スカイドゥエラーの特徴の一つが「第二時間帯」の表示です。メインの文字盤に表示する時間帯(ホームタイム)とは別に、第二時間帯として、時差のある別の地域の時刻を表示可能。第二時間帯の時差の設定は、ベゼルを回転させることによって行います。

第二時間帯を表示する機能そのものは珍しくありませんが、その「表示方法」が特徴的です。文字盤の内側にある24時間表示ディスクが、回転することによって時間を表示するというシステムを採用。24時間表示であることから、午前か午後かを判断する必要がなく、一目で第二時間帯が読み取れるよう工夫が凝らされています。

ロレックス初のアニュアルカレンダー

また、ロレックス初となる「アニュアルカレンダー」が搭載されていることも特徴です。

アニュアルカレンダーとは、「30日まである月」と「31日まである月」を区別できるカレンダー機能で、ロレックスでは「サロス年次カレンダー」と呼ばれます。年に1回、2月に日付調整をすればよいので、カレンダー調整を頻繁にする必要がありません。

シンプルな月表示

月表示のシンプルさも注目すべきポイント。12個の各アワーマークの位置にあるカレンダー窓に、赤い表示が出ることで月を表示します。12時の方向の窓が赤くなったら「12月」、1時の方向なら「1月」という具合です。

文字盤が複雑にならないようにしながら高い機能性を備えており、ロレックスらしさが感じられます。

スカイドゥエラーの型番

現行のスカイドゥエラーは、デザインのバリエーションが豊富にあります。前述のホワイトゴールド×ブルーダイアルの「Ref.326934」。ベゼルとブレスレットのセンターがイエローゴールドのコンビネーション「Ref.326933」。18ct イエローゴールドで統一された「Ref.326938」などです。

レザーベルトのモデルも選択可能。ダイアルカラーにはブラックやホワイト、シャンパンカラーなどが選べます。

現行モデル 生産終了モデル
Ref.326938、Ref.326138、Ref.326934、Ref.326933、Ref.326935、Ref.326135 Ref.326939、Ref.326139