徹底比較!ロレックスのオーバーホール専門店

ロレックスの修理に長けているオーバーホール専門店を紹介します。

ロレックス修理専門店を比較【オーバーホール編】

ロレックスを永く愛用するためのオーバーホール業者ガイド

HOME >  モデル別・ロレックスのオーバーホール事例 >  シードゥエラーのオーバーホール事例

シードゥエラーのオーバーホール事例

ロレックスの人気モデルのうち、ここではシードゥエラーのオーバーホールにかんする情報を紹介していきます。他の追随を許さない高い防水性能を誇るシードゥエラーの特徴や、オーバーホール・修理費用の一例、起こりやすい故障・症状とその対処法などをまとめています。

シードゥエラーの故障例と対処法

シードゥエラーで起こりやすい故障や症状にはどのようなものがあるのか、また原因や対処法などについてまずは見ていきましょう。

【症状】ベゼルが外れた

  • 原因
    ベゼル内部のクリックバネの欠損
  • 対処法
    オーバーホール、部品交換

ベゼルクリックバネが欠損してしまうと、回転ベゼルがカチカチする手ごたえがなくなり逆回転防止機能がはたらかなくなります。ベゼル修理だけなら8,000円ほどです。ロレックスのモデルによってはガラス固定パーツとのすき間が大きく、ゴミ・異物が入り込みやすいので要注意。定期的にオーバーホールし、クリーンな状態を保ってください。

【症状】時計が動かなくなった

  • 原因
    ムーブメント油切れ、パッキンの劣化、ゼンマイ切れ
  • 対処法
    オーバーホール、部品交換

パッキンは劣化しやすいため、一定期間たったらオーバーホールしてチェックすることが故障回避のポイント。劣化してしまったパッキンを交換すれば、問題はありません。とくに、リューズパッキン、裏蓋パッキン、ガラスパッキンは劣化が早いため要注意。オーバーホールで、ムーブメント油切れによる故障も予防できます。オーバーホール、部品交換一式でおよそ44,000円程度です。

【症状】急に時計が止まって動かない

  • 原因
    ゼンマイ切れ、ムーブメント油切れ、パッキン劣化
  • 対処法
    オーバーホール、部品交換

急に時計が動かなくなったら、ゼンマイ切れ、もしくはムーブメント油切れが原因として考えられます。ゼンマイ切れの場合は部品交換で対処し、だいたい6,000円ほど。ムーブメント油切れだけが原因なら注油だけですみますが、たいていの場合、油切れによって部品もダメージも負っているため交換が必要なケースも。

シードゥエラー ディープシー【型番:16660】のオーバーホール事例(その1)

  • 依頼内容
    内部のカタカタする異音。すぐに止まる
  • 調整内容
    分解、洗浄、調整、注油、組み立て、点検
  • パーツ交換・その他
    パッキン、ガラスパッキン、ローター芯
  • 参考費用
    オーバーホール23,000円+パッキン交換代2,500円+ガラスパッキン交換代2,500円+ローター芯交換代11,000円+(消費税3,040円)→41,040円

シードゥエラー ディープシー【型番:16660】のオーバーホール事例(その2)

  • 依頼内容
    オーバーホール
  • 調整内容
    分解、洗浄、調整、修理、注油、組み立て、点検
  • パーツ交換・その他
    ゼンマイ、3番車
  • 参考費用
    オーバーホール、部品交換、修理費用込みで61,560円(税込。ポリッシュあり)

シードゥエラー【型番:16660】の詳細情報

ムーブメント 自動巻きクロノメーター
機能 デイトジャスト機構(日付の早送り機能付き)、秒針停止機能による正確な時刻設定、3,900m防水
パワーリザーブ 48時間
ケース 44mm(径)×18.1mm(厚)
素材 ステンレススチール、チタン合金(裏蓋)、サファイアクリスタル(風防)

シードゥエラー ディープシー【型番:16660】の特徴は、なんといってもロレックス史上最強ともいわれる防水性能にあります。その性能は3,900mと、まさにケタ違い。1953年にロレックスの防水技術の粋を集めて開発されて以来、人が潜れる水深をはるかに超越した性能を誇っています

前機種と同じく、ムーブメントにはCal.3135を搭載。このムーブメントは抜きんでた耐磁・耐衝撃性能をもつ、ロレックス独自開発のブルーパラクロム・ヒゲゼンマイを採用しているため、きわめて精度が高いことで知られています。

シードゥエラー ディープシーの代名詞でもある防水性能も万全の体制で性能をチェック。1つひとつの個体に高圧タンクによる検査を実施されており、精度だけでなく信頼性においてもすぐれた評価を得ているのもシードゥエラー ディープシー【型番:16660】の魅力だといえるでしょう。

シードゥエラー【型番:1665】のオーバーホール事例

  • 依頼内容
    時計が動かなくなった。あわせてキズの磨き上げもしたい
  • 調整内容
    分解、洗浄、調整、注油、組み立て、点検、新品仕上げ
  • パーツ交換・その他
    リューズパッキン、裏蓋パッキン、ガラスパッキン、ゼンマイ
  • 参考費用
    オーバーホール23,000円+パッキン交換代(リューズ、裏蓋)2,500円+ガラスパッキン交換代2,500円+ゼンマイ6,000円+新品仕上げ7,000円+(消費税3,280円)→44,280円

シードゥエラー【型番:1665】の詳細情報

ムーブメント 自動巻きクロノメーター
機能 デイトジャスト機構(日付の早送り機能付き)、秒針停止機能による正確な時刻設定、610m防水
パワーリザーブ 48時間
ケース 40mm(径)
素材 ステンレススチール、強化プラスチック(風防)

「赤シード」「レイルダイヤル」といわれる、少数生産された希少モデルがプレミア価格となり人気を博していることでも知られる、シードゥエラー ディープシーRef.16660。初代シードゥエラー ディープシーが誕生した10数年たった1967年ごろに登場し、1980年あたりまで製造されていました。

同じシードゥエラーでも、ディープシーほどの防水性能はないものの、それでも610m防水。ディープシーが驚異的すぎるだけで、610mもあればサブマリーナーのおよそ3倍もあり、十分なレベルです。また、特殊機構「ヘリウムガスエスケープバルブ」をプロツールとして搭載。これは、飽和潜水時にヘリウムガスをオート排出するシステムで、いまでもダイバーたちから高い評価を受けています。

開発にはフランスの潜水会社と協力してあたり、巨大な水圧にも耐えうるプロユースダイバーズウォッチとして当時は注目を集めていました。

特徴的なのはその風防で、水圧が一か所集中しないよう、ドーム型にして負荷を分散させています。独特の形状は横から見ると、ひと目でシードゥエラー【型番:1665】とわかるほど。また、デイト機能を持ち合わせながら、サイクロップレンズを採用していない点もこのモデルならではでしょう。

ロレックスのオーバーホールができる専門店の一覧はコチラ

シードゥエラーとは【ロレックスの基礎知識】

シードゥエラーはプロダイバーに向けて、サブマリーナーのハイクラスモデルとして登場したモデルです。そもそも、シードゥエラー(SEA-DWELLER)というのは、フランス語で「海の居住者」を意味する言葉。それだけに、防水機能に徹底的にこだわったモデルでもあります。

例えば、ケースサイドには100mよりも深い超大深度への潜水をする飽和潜水時に、自動でヘリウムガスを排出するヘリウムガスエスケープバルブを搭載。巨大な水圧や温度変化から大切な時計を守ってくれます。ヘリウムガスエスケープバルブは、ロレックスの特許機構であるため、ほかの時計ではお目にかかることはできません。

防水性能はマイナーチェンジを繰り返すたびに強化され、登場時点では610mだったものが1980年になると風防がサファイアクリスタルになりさらに強度がアップ。ref.16660からは一気に1,220m防水と2倍も性能が上昇しています。

さらに、現行モデルでもあるref.116660が2008年に登場すると、防水性能は一気に3,900mに。この飛躍の陰には、水圧がかかるほど気密性が高くなるという、ロレックス独自のリングロックシステムの存在がありました。防水性能は行き着くところまで行き着いたともいえるでしょう。

もちろん、自動巻きクロノメーターやデイトジャスト機構、確かな堅牢性など、ロレックスの基本的なスペックも装備しており、時計としての性能も群を抜いているのも人気の理由です。

シードゥエラーは市場でも常に需要が高く、希少性の高い「赤シード」「レイル文字盤」「COMEX」などは、レア・ヴィンテージとして高値で取引されています。とくに、初期モデルで文字盤の「SEA-DWELLER SUBMARINER2000」の字がダブルレッドで仕上げられているモデルは希少性が高く、ニーズが高くなっています。

初期のモデルはフチなし、後期のモデルはフチありと、インデックス周りのメタルサークルのありなしによって市場での価格が変動するのもシードゥエラーの特徴だといえるかもしれません。

シードゥエラーの型番

プロユースのダイバーズウォッチということで、シードゥエラーのラインナップは現行モデル2種に生産終了モデルの3種をあわせても、わずか5モデル。それだけに1モデルあたりの製造期間は10年から20年弱と、ほかのロレックスモデルよりも比較的長いのが特徴です。

シードゥエラーの系譜を見てみると、1967年から1980年ごろまで製造されていたのが、初代シードゥエラーであるRef.1665。このモデルのムーブメントにはcal.1575が搭載され、初期モデルには人気希少モデルの「赤シード」も存在しています。

その後継機種として誕生したのが、1978年から1990年ごろまで製造されたRef.16660です。ムーブメントはcal.3035を搭載し、このモデルから風防がサファイアクリスタルになって防水性能が1.220mに強化されました。

1990年代に入ると、3代目ともいえるRef.16600が登場。大きな変更点はなかったものの、ムーブメントがcal.3135になって安定性、メンテナンス性が向上したほか、細部にマイナーチェンジが加えられたモデルです。

2000年代に入ってからは、現行モデルであるRef.116660が2008年に、Ref.116600が2014年にリリースされるなど、これまでの動きに比べ、矢継ぎ早に新モデルが登場。なかでも、ディープシーの名を冠するRef.116660は防水性能が3,900mと格段の進化を遂げたほか、バックルも改良されて、機能性も操作性も、装着性も大きくかわったモデル。まさにロレックスの防水技術の集大成モデルだといえるでしょう。

【正規代理店の商品ページより、型番を抜粋】
現行モデル 生産終了モデル
Ref.116600、Ref.116660 Ref.16600、Ref.16660、Ref.1665

他のロレックスのオーバーホール事例はコチラ

評判のおすすめオーバーホール業者3選