徹底比較!ロレックスのオーバーホール専門店

ロレックスの修理に長けているオーバーホール専門店を紹介します。

ロレックス修理専門店を比較【オーバーホール編】

ロレックスを永く愛用するためのオーバーホール業者ガイド

HOME >  モデル別・ロレックスのオーバーホール事例 >  デイデイトのオーバーホール事例

デイデイトのオーバーホール事例

ロレックスの代表的なモデルのうち、ここではデイデイトのオーバーホールにかんする情報をまとめています。気になるデイデイトのオーバーホール料金例をはじめ、おもな故障やその原因と対処法、ロレックスにおけるデイデイトの位置づけなどについてご紹介していきましょう。

デイデイトの故障例と対処法

デイデイトで起こりがちな故障とその症状と、原因としてどのようなことが考えられるのかを紹介しましょう。あわせて、対処法についても触れていくので、同じような故障や症状のデイデイトをお持ちの方は、ぜひ参考にしてみてください。

【症状】カレンダーが動かない

  • 原因
    部品の劣化・破損、油切れ
  • 対処法
    オーバーホール、部品交換

カレンダー機能がひとつの特徴であるデイデイトでは、曜日や日付が変わらなくなるような故障は致命的。カレンダー機能はロレックスの機能のなかでもとくに複雑なシステムで精密部品が使用されているため、故障してしまったら代理店など高度な技術力のあるところで修理が必要です。

考えられるのは、歯車などの部品が劣化・破損しているケース、油切れを起こしてしまっているケースがおもな原因。油切れは経年摩耗で油が減少してしまうものですが、部品の破損はカレンダーを手動で繰り返し操作していると、部品に強い負荷がかかってしまい起きてしまいます。

たとえば、夜間にリューズでカレンダーを変更したり、濡れた手でリューズを触ってしまったりすることが考えられます。カレンダー機能は20時から翌4時の間に日付変更の操作をしていることが多く、この時間帯にいじってしまうと相応の負荷がかかってしまうのです。

これらの故障の対処法としては、オーバーホールが必要。油を補充し、破損してしまっている部品は交換していきます。オーバーホール後は、無理にカレンダー機能を操作しないなどの予防措置もあわせて心がけましょう。

デイデイト【型番:18238A】のオーバーホール事例

  • 依頼内容
    オーバーホールでの全体的なメンテナンス
  • 調整内容
    分解、洗浄、調整、注油、組み立て、点検
  • パーツ交換・その他
    ゼンマイ交換、裏蓋パッキン交換、研磨仕上げ
  • 参考費用
    オーバーホール46,000円+ガラスパッキン交換代3,000円+(消費税3,920円)→52,920円(金無垢モデルにつき、通常のオーバーホール料金体系とは異なる)

デイデイト【型番:18238A】の詳細

1956年に初代モデルが誕生したデイデイトですが、デイデイトRef.18238が登場したのはそれから遅れること約30年。1980年代の後半です。厚めのケースが特徴だったそれまでの現行品に対し、ケースが薄くなってよりスタイリッシュなシルエットになったことに加え、ダイヤルバリエーションが豊富になったなどの変更点がありました。

ムーブメント 自動巻きクロノメーター
機能 デイトジャスト機構(日付の早送り機能付き)、秒針停止機能による正確な時刻設定、3255ムーブメント(耐衝撃性、耐磁性)、100m防水
パワーリザーブ 48時間
ケース 36mm(径)×13mm(厚)
素材 イエローゴールド、サファイアクリスタル(風防)

そもそも、デイデイトにはステンレスモデルが存在せず、ラインナップされているのはホワイトゴールド、イエローゴールド、ピンクゴールド、それにプラチナの4つの素材のみ。それも自社の鋳造場にてプラチナやシルバー、ブロンズなどを独自のバランスで配合して色を仕立て上げています。金属の純度も高く、精密な検査をパスしながらつくりあげているのです。

そのため、オーバーホールや修理については、一般的なロレックスとは別に料金体系を設けているショップも少なくありません。のちのちのトラブルを回避する意味でも、デイデイト【型番:18238A】をオーバーホールに出す際には、料金面についても事前に確認しておくといいでしょう。

ロレックスのオーバーホールができる専門店の一覧はコチラ

デイデイトとは【ロレックスの基礎知識】

1956年に登場したデイデイトは、ロレックスのなかでも言わずと知れたハイエンドモデルの腕時計。かつて、第34代アメリカ合衆国大統領のドワイト・デイビット・アイゼンハワーにも贈られ、そのことから装着されるブレスはプレジデント・ブレスといわれるなど、ロレックスを愛するオーナーたちからもとくに憧れのモデルとして支持されています。まさに、選ばれし者だけが身につけることを許される、究極のロレックスだといえるでしょう。

既述のように、素材はプラチナと3つのゴールドのみ。ステンレスは使われていません。これもデイデイトをハイエンドモデルたらしめている理由です。また、リューズのドットもデイデイトのみの特徴。ドットはプラチナモデルが1つ、そのほかのゴールドモデルは2つとなっています。

特徴的といえば、曜日表記もデイデイトならではでしょう。11時と1時の間に位置する曜日表記が備わっている点もあげられます。それも、英語のみではなく、フルスペルの26か国語から選択できるようになっており、母国語や好みの言語で曜日を表記することができるのもデイデイトならでは。

キズ防止サファイア、330フィート(100M)防水、二重密閉構造(トゥインロック)リューズなど、堅牢性も十分。ロレックスの技術力の粋を結集したといっても過言ではないムーブメントは、14件にもおよぶ特許を取得しているなど、あらゆる面で最上級のスペックを誇っているのがデイデイトなのです。

デイデイトの型番

プラチナ、もしくは18ctゴールドのみという素材でラインナップが構成されている、デイデイト。

しかしながら、ゴールドの成分配合バランスを微妙に変えることによって、ホワイトゴールド、イエローゴールド、ピンクゴールドなど、色の組み合わせによって意外と豊富に型番が取りそろえられています。現行モデルだけでも26種類ほどが販売されており、生産終了モデルもふくめると約40種類ものモデルが存在します。

ロレックスのなかでもハイクラスのモデルだけあって、1つひとつの型番ごとに個性があってどれも魅力的です。このバリエーションの豊富さも、デイデイトが根強い人気を保ち続けている理由のひとつだといえるでしょう。

参考までに、デイデイトの型番を現行モデル、生産終了モデルごとに簡単にまとめてみました。興味のある方はチェックしてみてください。

【正規代理店の商品ページより、型番を抜粋】
現行モデル 生産終了モデル
イエローゴールド Ref.228238A、Ref.228348RBR、Ref.118238、Ref.118238A、Ref.118208、Ref.118208A、Ref.118208NR Ref.18238、Ref.18238A、Ref.18038、Ref.18038A、Ref.1803/8、Ref.6611、Ref.6511
ホワイトゴールド Ref.228239A、Ref.118239、Ref.118239A、Ref.118239NG、Ref.118239 2BR、Ref.118209、Ref.118209A、Ref.118209NG Ref.18239、Ref.18239A、Ref.18039、Ref.18039A、Ref.1803/9
ピンクゴールド Ref.228235A、Ref.118235F、Ref.118235FA、Ref.118205F、Ref.118205FA Ref.1803/5
プラチナ Ref.228206A、Ref.118206、Ref.118206A、Ref.118346A、Ref.118366、Ref.118366A Ref.18346、Ref.18346A、Ref.18366、Ref.18366A、Ref.18206、Ref.18206A

他のロレックスのオーバーホール事例はコチラ

カナルクラブ タムタイム 大樹
オーバーホール料金例 デイトジャスト:17,000円~ デイトジャスト:25,000円~ デイデイト:25,000円~
デイデイト:22,000円~ デイデイト:25,000円~ 手巻き:20,000円~
保証内容 1年間保証 1年間保証 1年間保証
実績 40年以上のオーバーホール実績 1963年創業の老舗時計店が母体 30年を超える実績
公式HPを見る 公式HPを見る 公式HPを見る

評判のおすすめオーバーホール業者3選