徹底比較!ロレックスのオーバーホール専門店

ロレックスの修理に長けているオーバーホール専門店を紹介します。

ロレックス修理専門店を比較【オーバーホール編】

ロレックスを永く愛用するためのオーバーホール業者ガイド

HOME >  モデル別・ロレックスのオーバーホール事例 >  デイトジャストのオーバーホール事例

デイトジャストのオーバーホール事例

ここでは、ロレックスのデイトジャストのオーバーホールにかんする情報をまとめてみました。費用・料金を調べて一例を紹介しているほか、デイトジャストとはどういった時計なのかについても解説。ロレックスのなかにおいて、デイトジャストはどのような位置づけなのか、ぜひご覧ください。

デイトジャストの故障例と対処法

それでは、デイトジャストに起こりがちな故障例とその原因・症状、そして故障してしまったときの対処法などについてご紹介していきましょう。

デイトジャストのうち、例として取り上げるのはとくに人気の高い「デイトジャスト ターノグラフ 型番:116264」「デイトジャスト レディ 型番:69173」「デイトジャスト サンダーバード 型番:16264」「デイトジャスト コンビ 型番:16233」の4タイプ。

オーバーホール・修理の事例も簡単にまとめてみました。故障の症状とその原因についてのほか、オーバーホール・修理でどれくらいの費用がかかったのかも紹介しています。もちろん、故障の度合いやパーツの状態など個々のケースで費用は異なってきますが、ひとつの目安として頭に入れとおくといいでしょう。それぞれの特徴や基本スペックも取り上げていくので、ロレックスのなかでもどういった個性をもつ時計なのか、チェックしながら目を通してみてください。

これ以外の型番でも共通するところも多いでしょうから、「故障かな?」と思った方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

デイジャスト ターノグラフ【型番:116264】のオーバーホール事例

デイジャスト ターノグラフ【型番:116264】(DATEJUST TURN-O-GRAPH Ref.116264)は、2004年に登場したモデル。そのルーツであるターノグラフref.6202は1953年に商標登録され、ロレックスではじめて回転ベゼルを搭載したことでも知られています。

  • 故障内容
    ベゼル回転が不良で、あわせてオーバーホールもしたい
  • 不具合内容
    パッキン劣化とベゼルパッキン劣化、およびムーブメント内部油切れ
  • 原因と対処
    ムーブメント内部油切れしていたことと、ベゼルパッキンが劣化して変形したうえ、汚れがこびりついていたことがベゼル回転不良の原因。ベゼルパッキンを交換し、外装洗浄して対応。
  • 参考費用
    オーバーホール23,000円+ベゼルパッキン3,000円→26,000円

デイトジャスト ターノグラフ【型番:116264】の詳細情報

ムーブメント 自動巻きクロノメーター
機能 デイトジャスト機構(日付の早送り機能付き)、秒針停止機能による正確な時刻設定、100m防水
パワーリザーブ 48時間
ケース 36mm(径)×12mm(厚)
素材 ステンレススチール、ホワイトゴールド

従来機である「サンダーバード=Ref.16264」から変更された点として、もっとも大きかったのはデザイン面。エンボス加工されたベゼルが特徴だったサンダーバードから、フルーテッドベゼルを思わせるように端正でシャープなカッティングが施され、文字盤の印象が大きく変わりました。秒針とカレンダー表記が赤でまとめられているほか、6時の位置に「TURN-O-GRAPH」が赤字でモデル名が記されているのも特徴でしょう。まさにターノグラフへの原点回帰、といったところです。

また、ケースはヘアライン仕上げから表面部分が鏡面仕上げに、ブレスはフラッシュフィットが一体型に。とくに、ブレスは中央部のコマも変更されていて、中空だったものが無垢になっています。そして5列のジュビリーブレスは、バックル部分が目立たないコンシールドクラスプに。3列のオイスターブレスは、5mm程度なら自由に延長操作ができるイージーリンクを搭載したバックルへと変更されている点も注目です

その後、2007年にステンレス素材のジュビリーブレスを強化したり、2010年に6時方向に調節可能なコマを増やしたりするなどのマイナーチェンジが加えられ、現在にいたっています。

デイトジャスト レディ【型番:69173】のオーバーホール事例

ロレックスを代表するモデルのひとつである、デイトジャスト レディ【型番:69173】(Ref.69173)。ロレックスの3大発明ともいわれる、オイスターケース、パーペチュアル、デイトジャスト機構といった機能を搭載しています。

  • 故障内容
    時計が止まってしまう
  • 不具合内容
    ムーブメント内部油切れとゼンマイ切れに加え、パッキン、クリスタルワッシャーが劣化していた
  • 原因と対処
    直接の原因はムーブメント油切れによって、ゼンマイが切れてしまったこと。動力源が切れてしまったことで時計が止まっていたため、オーバーホールとあわせて当該部品を交換して修理。劣化していた部品も一式、交換。
  • 参考費用
    オーバーホール23,000円+外装仕上げ10,000円+クリスタルワッシャー3,000円+ゼンマイ4,000円→40,000円(パッキン一式はサービス)

デイトジャスト レディ【型番:69173】の詳細情報

ムーブメント 自動巻きクロノメーター
機能 デイトジャスト機構(日付の早送り機能付き)、秒針停止機能による正確な時刻設定、100m防水
パワーリザーブ 48時間
ケース 26mm(径)×11mm(厚)
素材 ステンレススチール、18Kイエローゴールド

オイスターケースは高い堅牢性を持つ100m防水機構、パーペチュアルはローターを両方向に回転させる自動巻取り機構、デイトジャスト機構は午前0時付近で瞬間に日付が切り替わる機構です。

デイトジャストが支持される理由は、こうしたロレックスならではの機構だけが理由ではありません。インデックスやダイヤルの組み合わせは無数にあり、ディティールにこだわった個性をもつバリエーションを豊富に取りそろえている点も大きな魅力だといえるでしょう。

また、デイトジャスト レディ【型番:69173】は、素材に18Kイエローゴールドを用いているところも特徴。独特の上質感を醸し出す18Kイエローゴールドをフルーテッドベゼルとブレスレット中央パーツに使用することで、いつの時代も流行に左右されない高級感を放っている点も、高い人気を誇っている理由のひとつだといえます。これは同じ18Kゴールドでも、18Kホワイトゴールドにはない味わい深さです。

発売後は、ダイヤルのモデル表記が「OYSTER PERPETUAL DATE」→「OYSTER PERPETUAL DATEJUST」に、四角形から八角形に10Pダイヤモンド設置台の台座形状が変わるなどのマイナーチェンジがありました。そして、1998年に惜しまれつつも製造終了となっています。

デイトジャスト サンダーバード【型番:16264】のオーバーホール事例

  • 故障内容
    日差が30秒ほど進む
  • 不具合内容
    ムーブメント内の油汚れ
  • 原因と対処
    パッキン(リューズパッキン、裏蓋パッキン)、ガラスパッキン、ゼンマイを交換
  • 参考費用
    オーバーホール23,000円+パッキン1,500円+ガラスパッキン2,500円+ゼンマイ5,000円+新品仕上げ7,000円→39,000円

デイトジャスト サンダーバード 【型番:16264】の詳細情報

1988年に登場したデイトジャスト サンダーバード【型番:16264】は、両方向に回転するベゼルが特徴的なモデル。正式なモデル名は「(オイスターパーペチュアル)デイトジャスト」ですが、アメリカ空軍のアクロバットチーム「サンダーバーズ」の隊長、ドン・フェリス大佐の引退記念モデルとして特別に発注されたことから、「サンダーバード」と呼ばれるようになりました。

ムーブメント 自動巻き クロノメーター
機能 両方向に回転するベゼル、100m防水
パワーリザーブ 48時間
ケース 36mm(径)×12mm(厚)
素材 ステンレススチール、ホワイトゴールド、サファイアクリスタル(風防)

搭載されているムーブメントは、耐久性の高い「Cal.3135」を採用しています。サンダーバードが登場するまでは、時計の心臓部であるテンプを1つのブリッジで支えていましたが、ツインブリッジとなった「Cal.3135」に変更されたことで耐久性がアップしました。時計業界で優れたムーブメントであると評価された「Cal.3135」は、サンダーバード以降もさまざまなモデルへと搭載されるようになっていきます。

前モデル【型番:16250】からの変更点は、風防が強化プラスチックからサファイアクリスタルになり、100mの防水機能が追加されたことです。

1988年に登場後、2004年に生産終了になるまで5世代にわたってモデルチェンジがありました。

主なマイナーチェンジは4つです。

  • ケースサイドの横穴がふさがる
  • 10Pダイヤ仕様のダイヤルのダイヤモンドの縁の形状が四角形から八角形に変更
  • 夜光塗料をトリチウムからルミノバへ変更
  • 風防の6時の位置に王冠の透かしが入るようになった

デザイン性の高さだけでなく、スポーツモデルにも引けを取らない実用的な機能から、生産が終了した現在でも人気が衰えません。

デイトジャスト コンビ 【型番:16233】のオーバーホール事例

  • 故障内容
    定期メンテナンスとしてのオーバーホール
  • 不具合内容
    ムーブメント内の油汚れ
  • 原因と対処
    オーバーホールと新品仕上げ
  • 参考費用
    オーバーホール23,000円+新品仕上げ→30,000円

デイトジャスト コンビ 【型番:16233】の詳細情報

1988年登場のコンビモデル。搭載されているムーブメントはツインブリッジに改良されており、定期的なメンテナンスを行えば永続的に使用できます。ステンレススチールにイエローゴールドが映える高級感が人気です。

ムーブメント 自動巻き クロノメーター
機能 カレンダー機能搭載
パワーリザーブ 48時間
ケース 36mm(径)×12mm(厚)
素材 ステンレススチール イエローゴールド、サファイアクリスタル(風防)

デイトジャスト コンビ【型番:16233】は、ベゼル、リューズ、ブレスとともにイエローゴールドでまとめられたデザインで、腕元を華麗に演出する人気モデルです。

デイジャスト コンビ【型番:16233】の一番の特徴がベゼルで、「フルーテッドベゼル」が採用されています。フルーテッドとは縦じまのこと。ベゼルを少し離れたところから見てみると、縞々のデザインが入っているようにしか見えません。しかし近くで見ると、たくさんの山型カットが施されているのがわかります。山型カットが影を生み出すので、イエローゴールドの縞々に見えるのです。

ステンレススチールとイエローゴールドでゴージャスなデザインではありますが、カレンダー機能を搭載するなどの機能性も重視。インデックス(文字盤)やダイヤルもバリエーション豊かなため、個性とゴージャスさをアピールできるモデルとなっています。

ムーブメントはツインブリッジの「Cal.3135」を採用することで耐久性が向上。「Cal.3135」は時計業界のなかでも優れたムーブメントとして高い評価を受けており、登場以来さまざまなモデルに搭載されていきます。

前モデル【型番:16013】から変わったのは、「Cal.3035」から「Cal.3135」へのムーブメントの変更と防水機能の追加です。風防を強化プラスチックからサファイアクリスタルに変更したことで、100mの防水機能を実現しました。

そのほかのマイナーチェンジは以下の4つです。

  • ケースサイドの横穴がふさがる
  • 10Pダイヤ仕様のダイヤルのダイヤモンドの縁の形状が四角形から八角形に変更
  • 夜光塗料をトリチウムからルミノバへ変更
  • 風防の6時の位置に王冠の透かしが入るようになった

アクセサリー要素も持ちつつ、機能性も高いデイジャスト コンビ【型番:16233】は、2004年に生産が終了しましたが、現在も人気を博している逸品です。

ロレックスのオーバーホールができる専門店の一覧はコチラ

デイトジャストとは【ロレックスの基礎知識】

ロレックスにおけるデイトジャストとは、いわばスタンダードモデル。その登場は1945年にまでさかのぼります。すぐれた防止機能をもつオイスターケース、自動巻取り機構であるパーペチュアル機構、文字盤の日付表示機能であるデイト機能は、当時、世界初の機能として世の中の注目を一身に集めました。

デイト機構はさらに進化し、10年後の1955年には瞬時に日付が切り替わるデイトジャスト機構を搭載。オイスターケース、パーペチュアル機構、デイトジャスト機構という、すべてのロレックス三大発明が搭載されたのが、デイトジャストなのです。

ロレックスのデイトジャスト機構で特筆すべきは、その精度。単に日付が切り替わる、というだけではありません。およそ1,000分の数秒という精度で切り替わる精度の高さ、正確性は、まさに精密機械。それも瞬間的に切り替わるため、ゆっくりと日付が切り替わっていく他社製品とは一線を画します。こうした点が、ロレックスが世界でもっとも信頼される時計である根拠でもあるでしょう。

レイディースサイズ、ボーイズサイズを展開しているほか、サンダーバードやターノグラフなど個性的なラインナップがそろっている点もデイトジャストの魅力であり、ロレックスのなかでも所有率が高い人気の理由となっています。

なお、デイトジャストのなかでも5桁の型番をもつものは、製造が2010年以前。そのため、部品もやや高めの価格となっています。故障・修理の際はその点も留意しておきましょう。

デイトジャストの型番

初代の発売以来、およそ四半世紀もの長い歴史をもつデイトジャストは、ロレックスのなかでも他の追随を許さないほど抜群の知名度を誇るシリーズ。現行品だけも23種類がリリースされています。

素材やカラーの組み合わせなど、1つひとつに特徴があり個性的です。ゴールドなのかホワイトゴールドなのか、それともイエローゴールドなのか。素材ひとつとっても、ガラっと印象・イメージが変わってきます。

そんな、ロレックス・デイトジャストの型番を下記に簡単にまとめてみました。現行モデル、生産終了モデルごとに、素材別に分類していますので興味のある方は参照してください。

【正規代理店の商品ページより、型番を抜粋】
現行モデル 生産終了モデル
ステンレススチール Ref.116200 Ref.16200、Ref.1603ほか
ステンレス+ホワイトゴールド Ref.116234、Ref.116234NR、Ref.116234G、Ref.116234NG、Ref.116244、Ref.116244G Ref.16234、Ref.16234G、Ref.16234NR、Ref.16234NG、Ref.16014、Ref.16014G、Ref.1601/4ほか
ステンレス+イエローゴールド Ref.126333G、Ref.116233、Ref.116233NR、Ref.116233G、Ref.116233NG、Ref.116243、Ref.116243G、Ref.116203、Ref.116203G、Ref.116203NG Ref.16203、Ref.16203G、Ref.16233、Ref.16233G、Ref.16233NR、Ref.16233NG、Ref.16013、Ref.16013G、Ref.1601/3ほか
ステンレス+ピンクゴールド Ref.116231、Ref.116231NR、Ref.116231G、Ref.116231NG、Ref.116201、Ref.116201G
ホワイトゴールド Ref.116139、Ref.1601/9ほか
イエローゴールド Ref.116138、Ref.16238、Ref.16238G、Ref.16248、Ref.16248G、Ref.1601/8ほか

他のロレックスのオーバーホール事例はコチラ

カナルクラブ タムタイム 大樹
オーバーホール料金例 デイトジャスト:17,000円~ デイトジャスト:25,000円~ デイデイト:25,000円~
デイデイト:22,000円~ デイデイト:25,000円~ 手巻き:20,000円~
保証内容 1年間保証 1年間保証 1年間保証
実績 40年以上のオーバーホール実績 1963年創業の老舗時計店が母体 30年を超える実績
公式HPを見る 公式HPを見る 公式HPを見る

評判のおすすめオーバーホール業者3選