ロレックス修理専門店を比較【オーバーホール編】 » モデル別・ロレックスのオーバーホール事例 » チェリーニのオーバーホール事例

チェリーニのオーバーホール事例

こちらではチェリーニのオーバーホール事例と、チェリーニの基礎知識を紹介しています。ロレックス チェリーニは装飾や独創的なデザインにこだわったモデルです。その形は一見するとロレックスとは思えないようなほど華やかなものも。チェリーニのタイプ別の特徴もあるのでぜひご覧ください。

ロレックス チェリーニの故障内容と対処例

ロレックス チェリーニ(ゴールドダイヤル)のオーバーホール事例

故障内容
オーバーホール依頼、文字盤の状態が悪い
不具合内容
文字盤の劣化
対処
オーバーホール、文字盤の交換(リダン)
参考費用
オーバーホール25,000円+文字盤リダン35,000円+針仕上げメッキ2本6,000円→66,000円

ロレックス チェリーニのオーバーホール事例

故障内容
オーバーホール依頼
不具合内容
ゼンマイの劣化、裏蓋パッキンの劣化
対処
オーバーホール、裏蓋パッキンの交換、研磨仕上げ
参考費用
39,800円

ロレックス チェリーニ(手巻き)のオーバーホール事例

故障内容
オーバーホール依頼
不具合内容
オーバーホール依頼
対処
オーバーホール、注油、パッキン交換、防水検査
参考費用
28,000円~

ロレックス チェリーニ プリンスのオーバーホール事例

故障内容
時計が動かなくなった
不具合内容
ムーブメント内の油切れ、ゼンマイ切れ
原因と対処
オーバーホール、ゼンマイの交換、新品仕上げ
参考費用
23,000円~

チェリーニとは【ロレックスの基礎知識】

ロレックス チェリーニは、1928年に誕生したドレスウォッチです。モデル名はルネッサンス期に活躍した金細工職人「ベンベヌート・チェリーニ」からきています。

チェリーニのコレクションは「デイト」「タイム」「デュアルタイム」「プリンス」の4タイプ。デイトは日付機能のみを備えたモデルですが、細かな彫りが特徴的なギョーシェ彫りにより、身につける人の印象を華やかにしてくれます。タイムは秒針、長針、短針の3針のみのシンプルな造りが特徴。見やすい文字盤やスタイリッシュなデザインなど、機能性を兼ね備えながらもエレガンスさが漂います。

デュアルタイムはタイムのデザインをベースにデイトの華やかさをプラスしたモデルです。プリンスはチェリーニの中で最も豪華な装飾が施されています。長方形の特徴あるケースに独創的な文字盤が魅力的で、ロレックスのなかでもオリジナリティ溢れるデザインです。

華やかなシーンに映えるチェリーニ

ロレックス チェリーニは実用性よりも華やかさを押し出したモデルといえるでしょう。ビジネスシーンで使用するよりも、デートやパーティーなどで身につけるほうが似合っているかもしれません。一見女性向けのデザインが多いように見えますが、タイムやデュアルタイムは男性でも身につけられるものばかりです。オシャレな場面で身につける1本にいかがでしょうか。

他のロレックスのオーバーホール事例はコチラ