徹底比較!ロレックスのオーバーホール専門店

ロレックスの修理に長けているオーバーホール専門店を紹介します。

ロレックス修理専門店を比較【オーバーホール編】

ロレックスを永く愛用するためのオーバーホール業者ガイド

HOME >  腕時計のオーバーホール基本情報 >  修理・作業の工程

修理・作業の工程

オーバーホールの作業内容や方法の全行程をお見せします。時計を組み立てるより、はるかに時間もかかり、細かい作業です。

オーバーホールの全行程

1.外見のチェック

蓋を開ける前に、外観の歪み、運針、操作性、防水など不具合が起きていそうな箇所を前もって確認する。

2.裏蓋を開ける

裏蓋を開閉する専用の工具を使い、傷がつかないように開けたあと、パッキンの摩耗がないかどうか確認する。

3.外装の分解

ケース、ガラス、ブレスなどムーブメント以外の外装を全て分解する。

4.ムーブメントの分解

オーバーホールで一番重要な工程。ムーブメントは小さな部品の集合体であり、その一つ一つを丁寧に分解していく。ここで、修理箇所の特定や必要であれば部品の交換の有無を決定する。

5.劣化・摩耗した部品の交換・調整

水や湿気により、錆びついた部品や汚れを一つ一つキレイに研磨する。場合によっては部品の交換も必要となる。

6.外部洗浄

超音波振動によって、細かい隙間に入り込んだ埃や、長年蓄積された垢などの外装の汚れを洗浄する。このときベルトのコマは分解しない。

7.内部洗浄

外部洗浄と同じく超音波振動によって洗浄する。頑固な汚れなどは慎重に手洗いする。

8.組み立てと注油

洗浄によってキレイになった部品を組み立てる。注油量や注入箇所を 間違えると時計の精度が不安定になるため、注意して注油する。

9.時間の調整

測定器を使用し、時間の遅れや進みがないよう精度を調整する。

10.ケーシング

外装部品と取り外した針や文字盤をケースに戻す。もっとも目に触れる部分のため、埃が入らないようにするなど、細心の注意が必要となる。

11.性能検査

長針、短針、秒針が正確に回るか、日付けの変更が可能かチェック。クロノグラフタイプの小さい針も検査する。

12.防水テスト

防水対応の時計であれば、防水性の検査が必要となる。時計を水没させて圧力をかける機械で加圧していく。その後、凝結試験を行い浸水がないことを確認する。
アンティークタイプや外装にひどい劣化が見られる場合、防水テストは行わない。

13.ランニングテスト

4~5日かけてファイナルテスト機で時計を回転させる。時間が正確に刻まれているか、自動巻き時計のゼンマイが巻き上げられているか検査する。

14.完成

ケースとブレスを繋ぎ合わせ、カレンダー・時刻など、機能の最終確認をする。

プロの職人技によって仕上げられた腕時計は、本来の動きを取り戻し、依頼主の元へと返却されます。このような工程を全て完了するまでに、およそ2週間から1ヵ月かかります。

ランニングテストで検査に引っかかったり、メーカーに部品の発注を頼む場合は、多少納期までの期間が延びることも。不具合が見つかった場合は、プロに託してみるのが解決の近道になるでしょう。

評判のオーバーホール業者ランキング