徹底比較!ロレックスのオーバーホール専門店

ロレックスの修理に長けているオーバーホール専門店を紹介します。

ロレックス修理専門店を比較【オーバーホール編】

ロレックスを永く愛用するためのオーバーホール業者ガイド

HOME >  ロレックスをオーバーホールに出す前に確認すべきこと >  ロレックスのオーバーホールを受けるのに保証書は必要?

ロレックスのオーバーホールを受けるのに保証書は必要?

ロレックスのオーバーホールを受ける際に知っておきたい保証書の内容や、メーカー保証期間についてまとめています。

オーバーホールを受けるための保証書の有無や正規店にお願いするメリット・デメリットなどもまとめているので、ロレックスのオーバーホールを考えている人は、是非参考にしてみてください。

保証書がないとオーバーホールが受けられないの?

保証書がなくてもオーバーホールができる

ロレックスのオーバーホールは、保証書がなくても受け付けてもらえます。しかし、ロレックスの正規部品以外が時計内部に入っている場合には、オーバーホールを受けられません。部品が製造中止になっているモデルや模造品だと、オーバーホールはもちろん、修理の受付自体を断られてしまいます。

保証期間内での修理を受ける場合は必要

保証の適用範囲であり、保証書がそろっていると、修理代無料のサービスが受けられます。さらに、ロレックスを資産として売却を考えている場合は、保証書の有無で価格が変動するようです。

ロレックスのオーバーホールをした後の保証内容は?

正規店である日本ロレックスでオーバーホールを終えた後には、2年間の国際サービス保証書が発行されます。正規店で購入時にもらった保証書とは別のものです。オーバーホール後に、もらえる保証書の内容についてまとめてみました。

ロレックスを正規店でオーバーホールした場合の保証

オーバーホール後には、国際サービス保証書が発行されます。この保証書でメンテナンス後の2年間に何か不具合が起きてしまった場合は、再びオーバーホールを受けることが可能です。2年間の保証をつけてくれるのは、ロレックスの技術に対する自信の表れともいえるでしょう。

正規店でのオーバーホールすることによるメリット

日本ロレックスでオーバーホールを行うメリットには、正規の部品で部品交換がされることによって、新品に近い状態で手元に戻ってくることがあげられます。

大きな傷であれば、そのままですが多少の傷であれば、研磨によって綺麗に直してくれるようです。さらに、正規店の保証書は、ロレックスを手放すことになった際に、査定額に加味されるというメリットもあります。

保証を受けるために注意したいこと

オーバーホール後は2年間の保証が受けられます。しかし、純正品以外の部品が使われている場合や保証外の破損には保証は適用されません。あくまでも自然故障や経年劣化による不具合だけが対象なので、注意が必要です。

ロレックスを修理専門店に出した場合の保証

ロレックス社のオーバーホールは、洗練された技術と品質で行われていますが、費用は数万円単位と高め。そのため、オーバーホールを修理専門店で受ける人も増えているようです。

修理店でオーバーホールを受けた場合の保証

時計修理店での保証は、修理店によってさまざま。中にはオーバーホール後1年の保証がつく場合もあります。ロレックスの保証よりも安いのですが、その分正規品以外の部品が使用されたりすることも。

時計修理店に依頼する場合には、正規品を使っているのかなどしっかりとオーバーホールの内容の確認やアフターサービスの有無を確認することが大切です。

ロレックスのメーカー保証期間の違い

ロレックスには、購入時に保証書がついてきますが、保証書の発行年によっては、保証の内容が異なることも。ロレックスの保証期間や保証内容について、年代ごとに紹介します。

■1990年代~

1990年代の半ば頃までの保証書には2年間の保証期間がついています。さらに「保証書の提示でオーバーホール基本料金が半額」という特典があります。

現在でも手元に保証書と現物がある場合には、特典を受けることが可能。しかし、廃盤になったモデルは修理やオーバーホールの受付ができないこともあるようです。

■2015年7月~

正規店で2015年7月1日から販売されたモデルのメーカー保証期間が2年から5年に延長されました。

購入してから5年もの間、自然劣化による故障に対応してくれます。保障の範囲は製品の内部のみですが、他の時計ブランドよりも長い保証となっています。

あなたに合ったオーバーホールを受けるには?

ロレックスのオーバーホールは、保証書がなくても受け付けてもらえるということが分かりました。オーバーホールは、こまめに受けることで故障を防げますが、正規店のオーバーホールは高額というデメリットもあります。

リーズナブルな価格で受けたいのであれば、時計修理店でオーバーホールするのが、おすすめ。しかし、どちらにもメリットやデメリットはあるので、自分の財布と相談しながら決めてみてはいかがでしょうか。

ロレックスのオーバーホールができるお店を確認

評判のおすすめオーバーホール業者3選