徹底比較!ロレックスのオーバーホール専門店

ロレックスの修理に長けているオーバーホール専門店を紹介します。

ロレックス修理専門店を比較【オーバーホール編】

ロレックスを永く愛用するためのオーバーホール業者ガイド

HOME >  ロレックスをオーバーホールに出す前に確認すべきこと

ロレックスをオーバーホールに出す前に確認すべきこと

日本ロレックスにオーバーホールを依頼すると、「当店ではお受けできません」と言われることがあります。そんなことにならないために、まずはオーバーホールできるかどうかを確認しましょう。

通過基準が厳しい日本ロレックス

日本ロレックスでのオーバーホールは、正規品のみが対象となります。これらのチェック項目に当てはまる時計は、日本ロレックスでは受けられないことがあるので、注意しましょう。

製造から35年~40年経過している時計

ロレックスは、過去30年分の部品をストックしていますが、部品の製造中止やストック切れによって、古い時計はオーバーホールを断られる可能性があります。

過去に日本ロレックス(または正規代理店)以外に、オーバーホールを依頼した

正規店以外でオーバーホールをすると、部品交換の際、依頼者の了解なしに非純正のパーツに交換されることがあります。手元に戻ってくるときは、ムーブメントまでは見えませんので、気づくこともないでしょう。

偽物(スーパーコピー)品

問答無用で拒否されます。日本ロレックスは純正のパーツしか扱いません。海外で数千円~数万円で購入した、スーパーコピーと知りながら購入したものは、外観は同じように見えても、ムーブメントを見れば一目瞭然。プロの目はごまかせません。偽物と知りながら、日本ロレックスに出すことはやめましょう。

また、並行輸入品でも、日本ロレックスでのサービスは受けられるものの、厄介な点が一つあります。それは、海外の正規代理店から様々なルートで仕入れを行う際に、偽物が紛れ込んでしまうこと。オーバーホールに出したら、実は偽物でした…なんてこともありますので注意しましょう。

たとえ日本ロレックスで断わられても、修理専門店では修理を受けてくれる場合がほとんどです。しかも、値段も日本ロレックスに比べたら割安で、中には、過去に正規代理店の技術者として働いていた人もいますので、クオリティ面でも心配なさそうです。

しかし、コピー品に関しては偽物を扱うこと自体が違法であるため、修理専門店でも依頼を受けてくれることは滅多にありません。
お店選びは、値段・実績・技術などを考慮して、慎重に決めたいものです。

評判のオーバーホール業者ランキング