徹底比較!ロレックスのオーバーホール専門店

ロレックスの修理に長けているオーバーホール専門店を紹介します。

ロレックス修理専門店を比較【オーバーホール編】

ロレックスを永く愛用するためのオーバーホール業者ガイド

HOME >  ロレックスをオーバーホールに出す前に確認すべきこと

ロレックスをオーバーホールに出す前に確認すべきこと

日本ロレックスにオーバーホールを依頼すると、「当店ではお受けできません」と言われることがあります。そんなことにならないために、まずはオーバーホールできるかどうかを確認しましょう。

通過基準が厳しい日本ロレックス

日本ロレックスでのオーバーホールは、正規品のみが対象となります。これらのチェック項目に当てはまる時計は、日本ロレックスでは受けられないことがあるので、注意しましょう。

製造から35年~40年経過している時計

ロレックスは、過去30年分の部品をストックしていますが、部品の製造中止やストック切れによって、古い時計はオーバーホールを断られる可能性があります。

過去に日本ロレックス(または正規代理店)以外に、オーバーホールを依頼した

正規店以外でオーバーホールをすると、部品交換の際、依頼者の了解なしに非純正のパーツに交換されることがあります。手元に戻ってくるときは、ムーブメントまでは見えませんので、気づくこともないでしょう。

偽物(スーパーコピー)品

問答無用で拒否されます。日本ロレックスは純正のパーツしか扱いません。海外で数千円~数万円で購入した、スーパーコピーと知りながら購入したものは、外観は同じように見えても、ムーブメントを見れば一目瞭然。プロの目はごまかせません。偽物と知りながら、日本ロレックスに出すことはやめましょう。

また、並行輸入品でも、日本ロレックスでのサービスは受けられるものの、厄介な点が一つあります。それは、海外の正規代理店から様々なルートで仕入れを行う際に、偽物が紛れ込んでしまうこと。オーバーホールに出したら、実は偽物でした…なんてこともありますので注意しましょう。

たとえ日本ロレックスで断わられても、修理専門店では修理を受けてくれる場合がほとんどです。しかも、値段も日本ロレックスに比べたら割安で、中には、過去に正規代理店の技術者として働いていた人もいますので、クオリティ面でも心配なさそうです。

しかし、コピー品に関しては偽物を扱うこと自体が違法であるため、修理専門店でも依頼を受けてくれることは滅多にありません。
お店選びは、値段・実績・技術などを考慮して、慎重に決めたいものです。

依頼するなら日本ロレックス?それとも修理専門店?

料金が高額になる印象の強いオーバーホール。日本ロレックスと修理専門店のどちらに依頼をするとお得なのか、メリットとデメリット解説します。

修理をどちらに依頼するべきかの詳細はこちら

外装仕上げでロレックス購入時の輝きに

傷や、くすみを新品同様キレイにしてくれる外装仕上げ。外装仕上げの特徴や気になる料金の相場、よりお得に依頼する方法を紹介します。

外装仕上げを詳しく知りたい方はこちら

正規品と並行輸入品の違い

流通ルートが異なる正規品と並行輸入品では、受けられるサービス内容が変わってきます。正規品と並行輸入品とで何が異なるのか、そのメリット・デメリットなどを解説。

正規品と並行輸入品の違いの詳細はこちら

機械式・クォーツの特徴

見た目は似ていても機械式とクォーツ式は全くの別物。それぞれの特徴を解説します。それぞれの特徴を踏まえた上でオーバーホールを検討しましょう。

機械式・クォーツの違いはこちら

偽物(コピー品)の基礎知識

数多くの偽物が出回っていると世界的にも有名なロレックス。偽物が多い理由や偽物を掴まされないために、知っておきたいポイントを紹介しています。

コピー品を見破る方法はこちら

売却も検討すべき!?

ロレックスのメンテナンスに必要なオーバーホールは安くはありません。高額な維持費を払い続けられない場合は売却も選択の一つ。売却を選ぶ前に知っておくべきポイントを解説しています。

売却時に知っておきたいポイントはこちら

オーバーホールを郵送で依頼する時の注意点

近くに修理店がない場合、オーバーホールを郵送で依頼することも可能です。郵送で依頼する際のメリットやデメリット、郵送する手順についてまとめています。

輸送のメリット・デメリットはこちら

ロレックスのオーバーホールを受けるのに保証書は必要?

「保証書がないとオーバーホールは受けられない?」と不安を抱く方に向けた情報を紹介。保証書を持っているべきメリット・デメリットもあわせて解説しています。

保証書が必要なのか知りたい方はこちら

ロレックスのお手入れ方法を紹介

時計を長く大切に使い続けるためにはメンテナンスが欠かせません。ロレックスのお手入れ方法やクリーニング方法などをまとめています。

ロレックスのお手入れ方法はこちら

ロレックス正規店に持ち込みでオーバーホールするメリット

オーバーホールを一般の修理業者ではなく、ロレックス正規店に依頼をすることも選択肢の一つです。しかし実はデメリットもあるのです。ロレックス正規店へオーバーホールを依頼するときにどのようなメリット・デメリットがあるのかを解説しています。

正規店に依頼するメリットを知りたい方はこちら

ロレックスのオーバーホールを断られるケース

愛用しているロレックスのメンテナンスが近づいてきて、いざ店舗にてロレックスのオーバーホールを依頼しても残念ながら、中には断られてしまうケースがあります。一体なぜ断られてしまうのか?その理由などを解説します。

ロレックスのオーバーホールを断られるケースを知りたい方はこちら

ロレックスオーバーホール期間

愛用しているロレックスのメンテナンスが近づいてきて、いざ店舗にてロレックスのオーバーホールを依頼しても残念ながら、中には断られてしまうケースがあります。一体なぜ断られてしまうのか?その理由などを解説します。

ロレックスオーバーホール期間を知りたい方はこちら

アンティークのロレックスが正規店で修理できない理由

製造から約30年以上経過しているロレックスのアンティーク時計は、正規の窓口である日本ロレックスに持ち込んでもオーバーホールを断られてしまいます。

古い時計はパーツの劣化が激しく、必要に応じて部品交換を行うのですが、製造が30年以上前のモデルはロレックス本社にもパーツがなくなってしまうからです。アンティークのロレックスをオーバーホールする場合は、腕のよい時計修理専門店を頼ることをおすすめします。

アンティークのロレックスが正規店で修理できない理由を知りたい方はこちら

ロレックスの文字盤交換について

時計の見た目を大きく変える文字盤交換で、愛用のロレックスをさらに愛着の湧くアイテムへと育てましょう。ロレックスの文字盤を交換する場合、違和感のない見た目になるようベゼルや針などの色と同系色でまとめるのがポイントです。

また、文字盤は多くの店それほど数の取り扱いがありません。文字盤交換の実績が豊富な専門店に依頼しましょう。ここでは、ロレックスの文字盤を交換する際のポイントや費用相場、注意点などをご紹介します。

ロレックスの文字盤交換について知りたい方はこちら

評判のおすすめオーバーホール業者3選