徹底比較!ロレックスのオーバーホール専門店

ロレックスの修理に長けているオーバーホール専門店を紹介します。

ロレックス修理専門店を比較【オーバーホール編】

ロレックスを永く愛用するためのオーバーホール業者ガイド

修理専門店

ロレックスは日本でも人気のある時計なので、数多くの修理専門店が存在します。これらの修理専門店で、ロレックスの代表的な機種をオーバーホールした場合の料金について調べてみました。

機種はDATEJUST(デイジャスト)、DAY-DATE(デイデイト)、COSMOGRAPH DAYTONA(デイトナ)の3機種です。

機種 時計修理専門店 日本ロレックス
DATEJUST(デイジャスト) 20,000円~25,000円 43,000円
DAY-DATE(デイデイト) 25,000円~30,000円 55,000円
COSMOGRAPH DAYTONA(デイトナ) 35,000円~45,000円 60,000円

修理専門店のメリット

修理専門店と日本ロレックスを比べると、5割~6割程度の料金設定となっています。ただし、上記金額はあくまでも基本料金なので、実際は時計の中身を確認してもらってから最終的な見積となります。

金額的に不満があるのではれば、キャンセルすることもできます。この際のキャンセル料については、取られない場合もありますし、中身を確認する上での技術料や、時計を返送する運賃等は徴収される場合もあります。

オーバーホール期間は、日本ロレックスは1か月以上、修理専門店は約2週間~1か月程度と、修理店の方がスピーディな対応です。これらのことを考えると、コストパフォーマンスの面から見て、私はオーバーホールや修理は時計修理専門店に出したほうがいいと考えています。

ある流通専門誌の調べによると、現在日本には1,800軒もの時計小売店があるそうです。10年前と比べると軒数は減っているものの、全体の売上は増えており、1軒あたりの売上が増えていることを意味しています。

専門店は長期愛用のための強い味方

また、高級時計を扱う小売店から、カジュアルブランド専門の小売店というように各店舗毎の差別化が図られています。そのなかで脚光を浴びつつあるのが、高級腕時計の修理に特化した専門店です。

クオーツ式が主流となって以降、高性能ながら値段も驚くほど安くなりました。そのため、「修理して使おう」というよりも、新しい時計に買い替えるという人が増加。しかし、最近は「好きなものを末永く使い続ける」という時代に変わってきたようにも思えます。

特に時計といった精密機械は、使えば使う程、味わいも出てきて、手放せない逸品となるでしょう。その力強い見方が、修理専門店というわけです。

少しでも永く使いたいなら、オーバーホールなどで積極的に利用することがポイントですね。

評判のオーバーホール業者ランキング