徹底比較!ロレックスのオーバーホール専門店

ロレックスの修理に長けているオーバーホール専門店を紹介します。

ロレックス修理専門店を比較【オーバーホール編】

ロレックスを永く愛用するためのオーバーホール業者ガイド

日本ロレックス

このページでは、日本における正規代理店である日本ロレックスのオーバーホール料金を紹介します。

1955年、東京・丸の内に「ロレックス・サービス」が設立されました。それから25年後の1980年に、日本ロレックスが正式に設立され、現在は全国7か所で営業されています。

まず、日本ロレックスは正規代理店である関係で技術料が高めです。下記に代表的なモデルについて料金表を記しますが、すべて消費税別の表記となっています。

ブランド 機種 料金
オイスター PERPETUAL 43,000円
DATEJUST 43,000円
DAY-DATE 55,000円
DATEJUSTⅡ 44,000円
DAY-DATEⅡ 55,000円
手巻き カレンダーなし 40,000円
手巻き カレンダーあり 43,000円
オイスタープロフェッショナル EXPLORER 43,000円
EXPLORER Ⅱ 45,000円~
GMT-MASTER 45,000円~
COSMOGRAPH DAYTONA 60,000円

*EXPLORER Ⅱ及びGMT-MASTERは品番により、金額が変わります。

日本ロレックスの特徴

上記金額がオーバーホールの基本技術料です。もし部品の交換をしなければならない場合は、これに部品代が加算されます。また、部品の交換についても予防的な交換を行なうため、部品代も多めにかかってしまいます。

さらに、オーバーホール期間で1か月以上待たされることもありますので、事前に確認しておいたほうがよいでしょう。

しかし、日本ロレックスのオーバーホールをひとつのステイタスとして考える方は、こちらでオーバーホールを受けた方が安心ともいえます。技術は間違いはありませんし、保証体制も十分だと思います。

できる限りオーバーホールの費用を安く抑えたい」という方は、時計修理専門店をおすすめしますが、そのあたりはオーナーの価値観で決めてもいいでしょう。

日本は、時計修理に限らず、その技術力に裏打ちされた職人的姿勢は世界一だと思っています。さらに、たくさんの愛好家がいるロレックスですので、必ずや目的に叶う時計修理専門店があるはずです。

高い技術をリーズナブルな費用で!
ロレックスのオーバーホール専門店を徹底比較>>

評判のオーバーホール業者ランキング