徹底比較!ロレックスのオーバーホール専門店

ロレックスの修理に長けているオーバーホール専門店を紹介します。

ロレックス修理専門店を比較【オーバーホール編】

ロレックスを永く愛用するためのオーバーホール業者ガイド

このサイトでは、ロレックスのオーバーホールを手がける時計修理専門店を
ランキング形式にて紹介しています。
比較で重要視した以下の点をふまえ、早速、ランキングをご確認いただければと思います。

  • 明確に表示していることはもちろんのこと、適切な料金がどうか。
  • オーバーホール後の保証があるか、期間がどれくらいか。
  • 営業年数や資格を持ったスタッフがいるのか。
  • ユーザー目線のサービスを提供しているか、など

Overhaul trader rankings – 評判のオーバーホール業者ランキング

カナルクラブ

カナルクラブ

業界最安値!信頼できる技術力を誇るカナルクラブ

折り紙つきの技術や創業40年以上の実績を持つロレックス修理専門店カナルクラブ。料金が17,000円から、リーズナブルで保障期間も1年と長く、名実ともに業界No,1です。オプションサービスも充実しており、納得いくオーバーホールを提供しています。

カナルクラブの公式サイトで詳細をチェック!

オーバーホール料金★5
  • デイトジャスト:17,000円~。
  • デイデイト:22,000円~。
  • デイトナ(コスモグラフ):38,000円~。
  • クロノグラフ:38,000円~。
保証内容★5 1年間保証付き。
実績・技術力★5

1970年の創業以来、40年以上のオーバーホール実績。

部品も自作可能な時計修理専門のベテラン技術者が、修理・オーバーホールするので安心。

その他の特徴★4

配送でのオーバーホールの場合は、無料で「梱包キット」を送付。

防水テストや定期的メンテナンスといったオプションが豊富

カナルクラブの評価

カナルクラブを詳しく調べた結果はこちら >>

タムタイム

タムタイム

40年の実績と信頼による確かな技術を持つタムタイム

経験に裏打ちされた一級の技術を持つタムタイム。一級技術者を多く抱え、クオーツからメカまで幅広く対応でき、今まで蘇らせてきた時計は数知れず。充実した設備と時計修理の精鋭陣によるオーバーホールは一見の価値があります。

タムタイムの公式サイトで詳細をチェック!

オーバーホール料金★4
  • デイトジャスト:20,000円~。
  • デイデイト:22,000円~。
  • 機械式手巻き:18,000円~。
  • 機械式自動巻:20,000円~。
保証内容★5 1年間保証付き。
実績・技術力★5

1963年創業の老舗時計店が母体。

最近できた時計修理技能士の資格をもつ技術者が修理に対応している。

その他の特徴★3 配送でのオーバーホールの場合は、無料で「梱包キット」を送付。

タムタイムの評価

タムタイムを詳しく調べた結果はこちら >>

大樹

大樹

創業30年、腕のいい修理技能士が揃う大樹

一級時計技能士が揃う時計修理工房大樹。時計修理技能士を資格に持つ技術者が修理しているため、オーバーホールの完成度は納得いくものに仕上げてくれるでしょう。超複雑機構の現行モデルからアンティーク時計まで幅広く手掛けています。

大樹の公式サイトで詳細をチェック!

オーバーホール料金★3
  • デイデイト:38,000円~。
  • 手巻き:20,000円~。
  • 自動巻(カレンダー無):20,000円~。
  • 自動巻き(カレンダー有):  21,000円~。
  • デイトナ:38,000円~。
保証内容★5 1年間保証付き。
実績・技術力★4

1975年創業で、30年を超える実績がある。

時計修理技能士である腕のいい技術者が修理をしている。

その他の特徴★3 配送でのオーバーホールの場合は、無料で「梱包キット」を送付。

大樹の評価

大樹を詳しく調べた結果はこちら >>

ランキング1位は「カナルクラブ」

比較したのは、どこも時計愛好家からも評判がよく、口コミでも人気の高い業者ばかり。これらの業者を比べたところ、私が最もおすすめしたいのが、東京(上野・御徒町)の「カナルクラブ」。

その大きな理由として、ロレックスオーバーホールのノウハウが豊富で技術が高いことはもちろん、「オーバーホール料金の安さ」と「オプションサービスの充実」の2つがあげられます。

一番気になる料金ですが、カナルクラブのオーバーホールは比較3社中で一番安い料金でした。「カナルクラブ」「タムタイム」「大樹」のいずれも、豊富な実績を持つ老舗の業者です。金額面を比較して、1番価格の安い「カナルクラブ」を1位としました。

「オーバーホールは費用が高くつく」というイメージがあります。ブランドものの高価な時計だと、パーツ自体が高いことに加え、スイスや国内にある部品メーカーにより定められた価格があるため、なかなか値下げできません。また、プレミアム価格などもつき、一業者では価格の変更ができないのが現状だそうです。

カナルクラブのメリット

また、ロレックスも含めた時計の月間修理実績が600本以上と、実績とノウハウも十分。安心して大事な時計を委ねられると思います。

カナルクラブにオーバーホールを依頼した際に、スタッフさんに伺ったところ、「料金を安くする事で、時計の修理にかかるトータル費用を抑えられたら」と おっしゃっていました。どれぐらい不具合が生じているのかによりますが、基本的にかかるオーバーホール料金を抑えているため、修理や部位品交換の必要が出てきても他店と比べると絶対に安くなると思います。

ロレックスのオーバーホール料金を確認する

先を見据えたメンテナンスが必要

以上、ロレックスのオーバーホールで評判の業者をしてみましたが、いかがでしたでしょうか。
最後にカナルクラブのメリットをもう1つだけ。これは、オーバーホール後に知ったのですが、カナルクラブでは定期的なメンテナンスができるよう、3年先を見据えたプランを提案してくれます。プランどおりに定期メンテナンスを実施することで、パーツ交換の少ないオーバーホールが実現できるのです。

パーツ交換が少なければ、デイトジャストなら、20,000円(17,000円の基本料金+消耗品3,000円)ほどで完璧なメンテナンスができるのです。

つまり、私たちが「できるだけ低い維持費でロレックスを使い続ける」ために、あえて最初のサービス料金(オーバーホール)を低く抑えている、というわけです。
もし、ロレックスのオーバーホールを考えているなら、上のランキングを参考にしてみてください。信頼できる業者さんが見つかれば、この先のメンテナンスも安心しておまかせできると思いますよ。

画像

画像